急な外出、出張も安心? iPhoneが20回充電できるモバイルバッテリー 〈ASAHIパソコン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

急な外出、出張も安心? iPhoneが20回充電できるモバイルバッテリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneが約20回充電できるという「MPB-52800」(写真:日本トラストテクノロジー提供)

iPhoneが約20回充電できるという「MPB-52800」(写真:日本トラストテクノロジー提供)

 1日の外回りを終えて、上司に成果を報告しようとしたら、スマートフォン(スマホ)の電池がほとんど残っていない。出張先で急ぎのパソコン処理をしようとしたら、電源がない。ノートパソコンの電池残量は残りわずか。「充電しておけばよかった」と思っても後の祭りだった、という経験はないだろうか。このような場面に活躍する大容量のモバイルバッテリーが登場した。

 コンピューター関連機器の企画・開発・販売を手掛ける日本トラストテクノロジー(本社・東京都台東区)が、スマホやノートパソコンなどに対応した、電池容量52800mAhのモバイルバッテリー「MPB-52800」を発売した。大きさは8.1センチ×21.5センチ×5.7センチ、重さはなんと約1.4キロだ。何とか片手で持てるサイズだが、カバンに入れるとちょっと重い。一般に出回っている電池容量18000~22000mAhの製品に比べると2倍以上の容量で、iPhoneなら約20回充電できるほか、ノートパソコンなら動作時間を最大15時間延長できる。オープン価格で、一部のインターネット通販では2万9700円(税込)で販売されている。順次量販店などで取り扱われるほか、同社のオンラインショップでも販売する予定という。

 タブレット端末対応の2.1Aとスマホ対応の1.0Aの2種類のUSBポート、ノートパソコンなどに対応するDCポートの3ポートがあるため、iPadとiPhone、ノートパソコンというように、同時に3台の機器を充電出来る。ノートパソコンは、機種によって出力電圧が違うが、DCポートの出力電圧は9、12、16、19、20Vの5段階で切り替え可能なため、仕事用とプライベート用でパソコンを使い分けていても対応出来る。他にも、ビデオカメラやゲーム機、DVDプレーヤー、無線LANルータといった様々な機器に対応している「マルチに使える充電器」だ。本体の充電時間は、電池残量などによって変動するが、6~10時間という。

 バッテリーの長時間駆動を売りにする機器が次々と開発されているが、それでも「バッテリーがない」は解消されない悩み。これならば、大容量バッテリーを持ち歩くのも解決の一手となるだろう。急な外出や出張でも安心の大容量バッテリーだが、いざという時に使えなければ元も子もないので、自宅や会社で充電をした後は置き忘れないようご用心と、従来のモバイルバッテリーならば言いたいところだが、この存在感では忘れようがないかも。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい