任天堂「Wii U」起死回生への策略とは? 〈ASAHIパソコン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

任天堂「Wii U」起死回生への策略とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲームファンは見逃せない北米最大のゲームショウ「E3 2014」。アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで2014年6月10日から12日まで開催され、マイクロソフトが昨年に海外で発売した家庭用ゲーム機「Xbox One」(日本では14年9月4日発売予定)向けに多数のゲームソフトを発表するなど、今年も多数の新製品が登場した。

 その「E3 2014」で、「Wii U」の世界的な販売不振で3期連続の赤字に陥っている任天堂が出したものは、一味違っていた。

 任天堂が今回発表したのは「Ammibo(アミーボ)」というフィギュアだ。フィギュアというと一見ゲームには関係なさそうだが、「Ammibo」には書き込み可能なNFCタグが内蔵されており、ゲームソフトとNFCによる通信で連携させることができる。具体的な使い方としては、「Ammibo」を「Wii U」の ゲームパッドにかざすことで、ゲーム内にフィギュアをキャラクターとして登場させることができる。このフィギュアにはマリオ、ヨッシー、カービィなど任天堂の定番キャラクターが用意され、例えば、マリオのフィギュアをゲームパッドにかざすと、マリオがゲーム内に登場する。更にゲーム内でフィギュアの能力を向上させるなどして成長させ、そのデータを「Ammibo」に再び保存すれば、自分だけのキャラクターデータを収めたフィギュアが持てるという。いわば、フィギュア型のメモリーカードのようなものなのである。

 この「Ammibo」は日本では今年冬に発売する予定だ。対応するソフトは、すでに販売さ
れている「マリオカート8」のほか、今後発売されWii U用ソフトの「マリオパーティー10」や「大乱闘スマッシュブラザーズ」の新作などとなっている。また来年には、フィギュアを「ニンテンドー3DS」にも対応させるとしている。

 フィギュアというアプローチで、ゲームという画面上だけでは完結しない世界を創り出そうとしている任天堂。E3では、“マリオ”が登場する「大乱闘スマッシュブラザーズ」や「マリオパーティー」をはじめ「ゼルダの伝説」の最新作、さらにモノリスソフトの注目作「XenobladeX(ゼノブレイドクロス)」などを含んだ15本の新作ソフトも発表。「Ammibo」と併せた「Wii U」の起死回生への策略は果たして成功へとつながるか。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい