20代社員、「飲みニケーション」はやっぱり苦手?

仕事

2014/06/05 16:00

「飲みニケーション」という言葉が広く使われるようになって久しい。近年では、推奨する企業がある一方で時代遅れだとする声もあり、捉え方も意見も様々だ。だが、組織で働く上で周囲の人間としっかりコミュニケーションをとることが重要であることに異論がある人はいないだろう。

あわせて読みたい

  • 「職場の飲み会文化が理解できない」と嘆く28歳女性に鴻上尚史がひもとく「中年おじさんの快感という既得権益」
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    「職場の飲み会文化が理解できない」と嘆く28歳女性に鴻上尚史がひもとく「中年おじさんの快感という既得権益」

    dot.

    11/3

    忘年会や新年会はもはや「必須ではない」 仕事飲み会はストレスとの声も

    忘年会や新年会はもはや「必須ではない」 仕事飲み会はストレスとの声も

    AERA

    12/17

  • テレワークで部下にストレスを与える「残念な上司」の特徴

    テレワークで部下にストレスを与える「残念な上司」の特徴

    ダイヤモンド・オンライン

    4/21

    上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型”

    上司も部下も飲み会が苦手? 「幸せな飲み」のコツは会話の“型”

    AERA

    12/1

  • 職場でありがちな“不幸な飲み会” 原因は「時間知覚のズレ」

    職場でありがちな“不幸な飲み会” 原因は「時間知覚のズレ」

    AERA

    12/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す