1回で治療が完了する点滴薬に魅力 知られていなかったインフルエンザの治療法

インフルエンザ

2014/01/08 11:47

 この冬もインフルエンザの流行が心配されるが、みんなどんな対策を講じ、どんな治療を望んでいるのだろうか。健康日本21推進フォーラムは、0~15歳の子どもを持つ母親2,000人と20~60代の一般成人の男女600人、計2,600人を対象に、インフルエンザに関するインターネット調査を実施した。その結果、「母親の3人に2人が、インフルエンザに対して不安感がある」「点滴や吸入などの治療法の認知度は低いが、1回や短時間で済むといった特徴を知ると魅力がアップする」「医師には重症化の可能性まで考えた、しっかりとした治療を望む」など、予防と治療に対する本音が明らかになった。

あわせて読みたい

  • インフル人気新薬に「耐性ウイルス」リスク…「12歳未満は慎重に」と提言

    インフル人気新薬に「耐性ウイルス」リスク…「12歳未満は慎重に」と提言

    AERA

    1/17

    インフルエンザうつさないためには? 医師が教えるエチケット

    インフルエンザうつさないためには? 医師が教えるエチケット

    AERA

    2/15

  • 鼻の奥にグリグリ… 痛くて辛い「インフルエンザ検査」はどこまで信用できる?
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    鼻の奥にグリグリ… 痛くて辛い「インフルエンザ検査」はどこまで信用できる?

    dot.

    11/7

    受験生の母も注目 “インフルエンザ新薬”の実力は?

    受験生の母も注目 “インフルエンザ新薬”の実力は?

    週刊朝日

    1/31

  • ワクチン接種で「入院リスクは40%減少」妊婦の重篤化を防ぐインフルエンザ対策
    筆者の顔写真

    山本佳奈

    ワクチン接種で「入院リスクは40%減少」妊婦の重篤化を防ぐインフルエンザ対策

    dot.

    11/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す