ウクライナの隣国“ポーランド”が「攻め込まれやすい国」である理由

ウクライナ

2022/03/23 16:21

「人種・民族に関する問題は根深い…」。人種差別反対デモ、ウクライナ問題などを見てそう感じた人は多いだろう。差別や戦争、政治、経済など、実は世界で起こっている問題の“根っこ”には民族問題があることが多い。芸術や文化にも“民族”を扱ったものは非常に多く、もはやビジネスパーソンの必須教養と言ってもいいだろう。本連載では、世界96カ国で学んだ元外交官・山中俊之氏による著書、『ビジネスエリートの必須教養「世界の民族」超入門』(ダイヤモンド社)の内容から、多様性・SDGs時代の世界の常識をお伝えしていく。

あわせて読みたい

  • 秀吉や家康が「キリスト教の布教」を認めていたら日本はどうなっていたのか?

    秀吉や家康が「キリスト教の布教」を認めていたら日本はどうなっていたのか?

    ダイヤモンド・オンライン

    6/1

    知っておきたい! カトリックとプロテスタントの4つの大きな違い

    知っておきたい! カトリックとプロテスタントの4つの大きな違い

    ダイヤモンド・オンライン

    9/30

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

    ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点

    dot.

    10/27

  • 29歳で生涯を終えた名もなき英雄 真実を追い求める姿を小説「動物農場」に重ねて描く

    29歳で生涯を終えた名もなき英雄 真実を追い求める姿を小説「動物農場」に重ねて描く

    AERA

    8/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す