「ズバ抜けてすごい子」の親がしている3大習慣 (1/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ズバ抜けてすごい子」の親がしている3大習慣

「シリコンバレー最強の親」の子育てメソッド

 シリコンバレーで最も有名な教師であり、グーグルはじめ一流企業の人事育成も担当しているというエスター・ウォジスキーの著書『TRICK──スティーブ・ジョブズを教えYouTube CEOを育てたシリコンバレーのゴッドマザーによる世界一の教育法』(文藝春秋)が話題だ。

 教育者としても高い実績を誇るエスターだが、その子どもたちも、長女がYouTube CEOとなり、次女がカリフォルニア大学医学部教授、三女がバイオベンチャー創業CEOとなるなど、大きな活躍をしている。

 今回、著書『子育てベスト100──「最先端の新常識×子どもに一番大事なこと」が1冊で全部丸わかり』(ダイヤモンド社)がベストセラーとなっている加藤紀子氏が、『TRICK』の翻訳者、関美和氏に話を聞いた。シリコンバレーの「ゴッドマザー」、エスター・ウォジスキーの教育法、子育ての秘密とは?(構成:小川晶子)

■【その1】子どもの「自立」をうながす

関美和氏(以下、関)エスターさんの教育法の中で、とくに印象に残ったところはどういう部分でしたか?

加藤紀子氏(以下、加藤)エスターさんの娘さんは3人が3人、さまざまな分野ですごい活躍をしていますが、その育て方としては、とくに「自立」と「信頼」と「優しさ」の3つが大きかったのではないかなと思います。

 まず「自立」についてですが、「自立」のパートにある4章のタイトルが「子どもができることは、絶対やってあげてはいけない」となっています。私は現代の親はつい過干渉になりがちだと思っているので、このタイトルは響きました。

 エスターさんは「過干渉は子どもたちを無力にする」とおっしゃっています。親が何でもやってあげてしまうと、自分でやらなくなりますよね。子どもは親の分身ではないし、まして親のものではない。自立のために、手出し口出しするのは控えなくてはなりません。

『TRICK』の中で「タイガー・マザー」と言われるエイミー・チュアさんとの討論のシーンが出てきましたね。スパルタ教育提唱者で有名なエイミーさんの考え方は真逆で、子どものために厳しく口出しというか、命令するスタンスです。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい