発達障害の僕が発見した「何度決意しても朝起きられない人」に決定的に欠けていること

発達障害

2020/11/02 14:11

 発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。

あわせて読みたい

  • 発達障害を抱える著者が試行錯誤の末に手に入れた「人生を生きやすくするための生活術」を徹底紹介

    発達障害を抱える著者が試行錯誤の末に手に入れた「人生を生きやすくするための生活術」を徹底紹介

    BOOKSTAND

    9/16

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    ADHDと診断された営業マンが明かす当事者のリアルとは?

    BOOKSTAND

    8/20

  • 発達障害と向き合う栗原類さん、母が振り返る当時の心境

    発達障害と向き合う栗原類さん、母が振り返る当時の心境

    BOOKSTAND

    4/24

    「僕、ひきこもりニートになりたい」 発達障害当事者の思春期をどう支えるか

    「僕、ひきこもりニートになりたい」 発達障害当事者の思春期をどう支えるか

    AERA

    4/10

  • 医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    医師から見た「発達障害」のリアル 7割超が「診断基準の精度」、5割が「過剰診断」を懸念 

    AERA

    6/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す