レジ袋の有料化が、プラスチックごみの削減にならない理由

2020/07/06 14:16

 7月1日からレジ袋(プラスチック製買い物袋)の有料化がスタートした。その大きな目的の一つはプラスチックごみ削減にある。だが、有料化がプラスチックごみの削減につながるかどうかは甚だ疑問だ。ではなぜ、政府はレジ袋の有料化に踏み切るのか。(消費者問題研究所代表 垣田達哉)

あわせて読みたい

  • レジ袋有料化、先行実施の富山県では受け取らない人が9割以上

    レジ袋有料化、先行実施の富山県では受け取らない人が9割以上

    AERA

    7/27

    カンニング竹山 SDGsって、なんなんだ?
    筆者の顔写真

    カンニング竹山

    カンニング竹山 SDGsって、なんなんだ?

    dot.

    3/24

  • 「レジ袋を買って複数回使うほうがエコ」専門家が指摘 実はエコバッグ使用で環境負荷に

    「レジ袋を買って複数回使うほうがエコ」専門家が指摘 実はエコバッグ使用で環境負荷に

    AERA

    6/13

    あなたは既にエコバック派?有料化してもレジ袋派?

    あなたは既にエコバック派?有料化してもレジ袋派?

    tenki.jp

    3/21

  • エコバッグ持参も100均でレジ袋購入にモヤモヤ 有料化に意味はあったのか?

    エコバッグ持参も100均でレジ袋購入にモヤモヤ 有料化に意味はあったのか?

    AERA

    6/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す