女性向け風俗は本当に「商売」として成り立つのか

有山千春ダイヤモンド・オンライン
 最近、テレビの情報番組などで取り上げられることが多い「女性用風俗」。男性向け風俗業に比べ、「いかがわしさ」の印象はより一層強く、その話題性の高さに比べ、「本当に存在するのか」など存在自体さえ疑う声も多い。実際に事業として成り立っているのか、本当に需要があるのか、取材してみた。(フリーライター 有山千春)

●女性用風俗の経営はかなり難しい

 ホストクラブは一般化し、女性向けAVも市民権を得た昨今、テレビの情報番組や雑誌、書籍で取り上げられるなどじわじわとその存在感を知らしめている、「女性用風俗」――。つまり、女性客が利用する風俗店である。

 店舗数も増えており……といえど、女性用風俗の大手ポータルサイトに掲載されている店舗数は、現時点で全国約120店と、男性用のそれとは比べものにならぬほど小規模である。加えて、たとえテレビで女性芸能人らが「体験談」を語ったとしても、それだけでは払拭できぬほどの不安要素が強く、その「存在」こそ知ってはいても、足を踏み入れる勇気を持つ女性は多くはない。

 そこで今年に入り、事業の一環として女性用風俗店「レゴリス東京」をオープンした代表の今井さん(仮名)に話を聞いたところ、案の定、「いやあ、難しいですね」という答えが返ってきた。

「正直、一般認知度はまだまだです。週に何度か予約が入ればいいほうというのが現状。よく知人男性から、『当たりそうだね』と言われますが、実際はそう簡単にはいきません」と苦笑する。

“女性用風俗”というジャンルを、20年ほど前から知っていたという今井さん。なぜいま、オープンしたのか。

続きを読む

次ページ>

最も重要な採用基準は?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック