「安心して引きこもれる」仕組みづくりこそ、8050問題の解決策だ (1/6) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「安心して引きこもれる」仕組みづくりこそ、8050問題の解決策だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
窪田順生ダイヤモンド・オンライン
中高年という年代に達した引きこもりの人に、今さら「生き方をガラッと変えて働け」と迫っても効果はあまりない。引きこもりの人たちを変えられないのなら、変わるべきは社会の方ではないか(※写真はイメージです gettyimages)

中高年という年代に達した引きこもりの人に、今さら「生き方をガラッと変えて働け」と迫っても効果はあまりない。引きこもりの人たちを変えられないのなら、変わるべきは社会の方ではないか(※写真はイメージです gettyimages)

 引きこもりを巡る殺人事件が連続して起きて、にわかに注目されている「8050問題」。これまでも「自立支援」の名目で支援の手は差し伸べられてきたが、全国の中高年引きこもりの数は約61万人。とてもではないが、草の根の支援体制でどうにかできる人数ではない。それよりも、目指すべきは「親亡き後も、安心して引きこもれる体制」づくりではないか。(ノンフィクションライター 窪田順生)

*  *  *
●「安心して引きこもれる」環境づくりこそが望ましい

 川崎の殺傷事件に続いて、元農水事務次官が息子を刺殺する事件が起きたことで、「8050問題」が注目を集めている。80代の後期高齢者にさしかかった親が、50代の中高年引きこもりの生活の面倒をみるケースのことだが、これからの日本の大問題になるというのだ。

 内閣府の調査によると、40~64歳の中高年引きこもりは約61万人ということだが、そんなものではないという専門家もいる。世間体を気にして家族が周囲に隠す「隠れ引きこもり」や、親の身の周りの世話をするという名目で同居する「パラサイトシングル」も含めると、もっと膨大な数に膨れ上がるという。

 では、そんな8050問題を解決するにはどうすればいいか。

 メディアや評論家の主張の「王道」は、「1人で問題を抱えこまず周囲に相談」である。行政や専門家の力を借りて、中高年引きこもりが自立できるよう社会全体で支援をすべき、要は「自立支援」で引きこもりを1人でも減らしていこう、というわけだ。実際、某有名引きこもりの自立支援施設は、「引きこもりをなくす」というスローガンを掲げている。

 しかし、事件取材で少なからず、引きこもりの人たちや家族と過ごしてきた経験から言わせていただくと、この「解決策」はあまり良くない。「引きこもりをなくす」という表現からもわかるように、自立支援施策は、「引きこもり=撲滅すべき悪いこと」という大前提に立っている。そういう考えで、引きこもりの人たちと向き合っても、うまくいくどころか、事態を悪化させる可能性が高いのである。

 では、どうすればいいかというと、「なくす」のではなく、いかにして「無理なく続けられるようにするか」だ。親が亡くなってからも、中高年引きこもりがこれまでの生活を継続できる仕組みを早急に整備することだ。
 


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい