稼げる人だけがやっている! 「はじめての仕事」がうまくいくコツ

「よし、稼ぐぞ!」なんて意気込んで就職したはずなのに働き始めて1週間、1ヵ月と経過するうちに「この仕事、向いてないわ…」「イメージと違った」などと弱気になっていく。

 誰もが経験あるのではないでしょうか。

 外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、世界第2位の成績を残し、独立後に出版した書籍は累計200万部超えの作家・和田裕美さんが教える「楽しく稼ぐ人になる方法」とは?

 彼女が20年かけて伝えてきたことの集大成である書籍『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術』の一部を再構成してご紹介。

●稼げる人には共通する「思考グセ」がある

「わたしの周りには、楽しくお金を稼いでいる人がたくさんいるなあ」

 友人たちと食事をしながら、そんなことを思いました。

 友人たちの職種は実にさまざま。

 生き生きとしている人は、得意分野を生かして前向きに行動しているのです。

 彼女、彼らと接していて思うのは、共通する「思考グセ」があるということです。

 もちろん、稼げる技術を持っている人も!

「こんなとき、あなたはどうする?」と聞いたら、きっと全員が似たような答えをくれるのではないでしょうか。

 たとえば、こんな具合です。

 ある会社に、同い年の新人さんが2人同時入社しました。

 2人は先輩から同じ指導をされ、同じ課題を出されました。

 しかし、日が経つにつれ、Aさんは仕事のモチベーションがどんどん下がり、表情も暗く、ミスも連発してしまいます。

 一方のBさんはいつも楽しそう。スポンジのように仕事を吸収していきます。

 2人はもともとの能力に差があったわけではありません。

 同じ境遇の人間に、なぜここまで差が出たのでしょうか。

●仕事の「とらえ方」が違う2人

 入社してすぐは覚えることだらけです。

「これやって、あれやって」と慣れない仕事を次々振られると、それなりにプレッシャーがかかります。

 Aさんは「やばい、全然仕事が追いつかない。なんか、つらい。この仕事、わたしには向いていない……」どんどん自信をなくしていきました。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック