「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

「このまま、今の会社にいていいのか?」と思ったら…(※写真はイメージ)
「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」
「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」
ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安に、発売2ヵ月で10万部を突破したベストセラー『転職の思考法』で、鮮やかに答えを示した北野唯我氏。
今回は、30代の一級建築士の方のキャリアのお悩み相談に、公開でお答えする。

※北野氏がパーソナリティを務めるVoicy「そもそもラジオwithT」の収録内容をもとに編集。

(構成:井上慎平 テキスト起こし:ブラインドライターズ)

●「専門性も経験もないまま30代を迎えてしまった」問題

 初めての書籍『転職の思考法』の刊行から2ヵ月がたった。ありがたいことに多くの人に読まれているようで、知人からキャリアの相談を頂くことが一段と増えてきた。

 個別に対応することはできないが、せっかくなので、今回は公開でお答えしたい。

 DMで相談を頂いたその方は30代の女性。一級建築士の資格を取り、設計の仕事をしているが、キャリアについてある「悩み」を抱えているという。いわく、30代になったのに「専門性」と「経験」、どちらも身についていないというのだ。

 補足すると、『転職の思考法』の中では、キャリアについて「20代は専門性、30代は経験、40代では人脈をとれ」とアドバイスしている。

 専門性は誰でも努力によって獲得可能だ。一方で、経験はそうではない。だからまず20代は明確な専門性を身につけ、30代になったらその高度な「専門性」をもとに、「経験」を取りに行くべき。これが、アドバイスの本質だ。

 彼女は一級建築士という資格を持ちながらも、残念ながらその両方をここまで身につけることができなかったという。大きな事務所に入ったものの、その大きさゆえに仕事が細分化されていて、全体像が見えず、「専門性」に不安がある。男性社会ということもあり、今後貴重な「経験」を任せてもらえるイメージも湧きづらい。そんな状況のようだ。
どうすればいいのだろうか。

●「資格」とは、本質的にコモディティである

 意識しておかなければいけないことは2つだ。

 ひとつは、そもそも「資格」とはコモディティにすぎないということ。もう1つが、コモディティであるからこそ、キャリアの階段を上がるためには、何かとの「掛け算」が重要となるということだ。

 一つ目の「資格はコモディティである」ということはどういうことか?

 考えてみてほしい。そもそも、資格があるということは「正解」が存在し、その「正答率」によって、資格が取れるかどうかというジャッジが可能であることを前提としている。ということは「誰がやっても同じこと」をベースにしているということ。

『転職の思考法』の中では、仕事のライフサイクルという考え方を紹介した。(【図1】参照)

 すべての仕事は、その職に就ける人の数(図ではイスを表している)が少ない(1)ニッチの状態から、誰にでもニーズが明らかになりイスが増える(2)スターの状態、そしてニーズが大きいがゆえに定型化の圧力が生じる(3)ルーティーンワークの状態を経て、(4)消滅に至るライフサイクルがあるという考え方だ。

 ここで重要なのは、たとえどれほど高度に見える仕事であっても、定型化されてしまっている時点でコモディティにすぎないということだ。

 しかも、士業になるためには多くのコストを払わなければならない。つまり、かなり厳しい言い方をすれば、資格を取るという行為は、相当高いお金を払ってコモディティ化された技術を手に入れようとしているとも言える。

 まず認識すべきは、資格といえども、いや、むしろ資格化可能であるからこそ、それはただのコモディティに陥る可能性があるということだ。

 だから、二点目の「掛け算」が重要になる。

 これは、実は士業だけに限った構造ではない。

 例として外資系の戦略コンサルについて考えよう。彼らは、いわゆる「プロフェッショナルファーム」で働き、高度な専門性を備えていると考えられている。しかし、ロジカルシンキングとか、分析の技術、パワーポイントを作る技術は、そのファームにいる時点で「持っていて当たり前」。結局キャリアを上がれるかどうかには、営業力やコミュニケーション能力、直感的な判断に優れているなどそれ以外の部分が多いに影響する。建築士の方も、その事務所にいる限り、建築に関するスキルだけで上に上がっていくのは難しいだろう。成熟産業には、高い専門性を身に着けた先輩がたくさんいる。先ほどの図で言えば、相談者の方は(3)でイスに座れずに立った状態でなかなかチャンスをもらえない可能性が高い。

続きを読む

次ページ>

経験を取るか、伸びているポジションを取るか

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック