「自ら勉強する子」にするために親ができることとは?<佐藤ママ×河端学院長 特別対談> (2/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「自ら勉強する子」にするために親ができることとは?<佐藤ママ×河端学院長 特別対談>

(撮影/熊谷章)

(撮影/熊谷章)

佐藤亮子(さとう・りょうこ)/高校まで大分県で育ち、津田塾大学進学。卒業後、大分県の私立高校で2年間英語教師として教壇に立つ。結婚後、夫の勤務先の奈良県へ移り、以降は専業主婦。3男1女を出産した。3兄弟が揃って、灘中・高等学校に進学し、東京大学理科3類に合格。長女も洛南高校付属中学、洛南高校に進んだのち、東大理3に現役合格。4人の子ども全員が東大理3に合格するのは非常にまれなケースで、その受験テクニックや子育て法に注目が集まる。現在、進学塾の浜学園のアドバイザーを務めながら、全国で講演活動を展開している。(撮影/熊谷章)

佐藤亮子(さとう・りょうこ)/高校まで大分県で育ち、津田塾大学進学。卒業後、大分県の私立高校で2年間英語教師として教壇に立つ。結婚後、夫の勤務先の奈良県へ移り、以降は専業主婦。3男1女を出産した。3兄弟が揃って、灘中・高等学校に進学し、東京大学理科3類に合格。長女も洛南高校付属中学、洛南高校に進んだのち、東大理3に現役合格。4人の子ども全員が東大理3に合格するのは非常にまれなケースで、その受験テクニックや子育て法に注目が集まる。現在、進学塾の浜学園のアドバイザーを務めながら、全国で講演活動を展開している。(撮影/熊谷章)

河端真一(かわばた・しんいち)/法学博士。慶應義塾大学経済学部卒業、一橋大学大学院博士課程修了。元一橋大学客員教授。元経済同友会幹事。 大学入学と同時に学習塾を生徒5人で開き、大学卒業時には生徒1500人を擁する大手塾に成長させる。旺文社ラジオ講座「河端の東大英語」ほか、テレビレギュラー番組2本を担当。1976年株式会社学究社を設立、85年株式上場。2016年東証一部指定。東京都最大塾に成長し、自らの授業は「2ヵ月で偏差値が20上がる」と謳われる。現在、株式会社学究社取締役会長兼社長、進学塾「ena」学院長を務める。(撮影/熊谷章)

河端真一(かわばた・しんいち)/法学博士。慶應義塾大学経済学部卒業、一橋大学大学院博士課程修了。元一橋大学客員教授。元経済同友会幹事。 大学入学と同時に学習塾を生徒5人で開き、大学卒業時には生徒1500人を擁する大手塾に成長させる。旺文社ラジオ講座「河端の東大英語」ほか、テレビレギュラー番組2本を担当。1976年株式会社学究社を設立、85年株式上場。2016年東証一部指定。東京都最大塾に成長し、自らの授業は「2ヵ月で偏差値が20上がる」と謳われる。現在、株式会社学究社取締役会長兼社長、進学塾「ena」学院長を務める。(撮影/熊谷章)

佐藤 傷つけないようやるという配慮は必要ですね。うちでは、末の娘がスマホ世代で、四六時中LINEをしていたことがあります。しかし、「あなたの輝くような18年間を、その機械とアプリで潰すの?」と言ったらわかってくれました。そして、「家に帰ったら電源を切ること」「寝る直前に5分だけチェックする」などの決まりを決めました。

河端 ルールを決めることは大事ですね。私の塾では、自然豊かな環境のなかにある合宿所で合宿をやることがありますが、スマホやゲームは当然持ち込み禁止です。合宿は、スマホもゲームもない生活を味わってもらうことが目的でもあります。

佐藤「スマホなしでも生きていける」という体験をさせるんですね。

河端 そうです。合宿に行ってスマホもゲームもないと、手持ち無沙汰になり、子どもの心に空白ができます。心に空白ができると、素直にいろいろなことを受け入れてくれるようになります。勉強に身が入るだけでなく、自然の美しさを見て感動を味わってくれたりします。

●子どもに計画性はない スケジュールは親が立ててあげる

佐藤 合宿ならカリキュラムが決まっていますが、家ではどうでしょうか。スマホを取り上げて、「時間が空いたから何をしようかな」では意味がありません。そこで親の出番です。勉強のスケジュールを立ててあげるんです。いつまでに何をやるのか、具体的に決めてあげることが大切です。「算数のこの単元について勉強する」ではなく、「算数のこの単元を1時間で3ページ」というふうに、具体的に数字に落とし込むのがコツです。数字でやれば達成感が確実に得られます。

河端 子ども自身ではスケジュールを立てることはできませんからね。

佐藤 ええ、特に小学生にとっては難しい。でも小6までお母さんが計画を立ててあげたら、そのやり方を見て、中学生頃からは自分でできるようになります。

河端 親が見本を示すことが大事ということですね。私は、長期的なスケジュールも必要だと思いますが、短期的なスケジュールを重視した方がいいと考えています。私の本、『頭のいい子は「習慣」で育つ』にも書きましたが、田植えをするときには、足元だけを見て黙々とやった方がいい。

佐藤 なぜでしょうか。

河端 田んぼ全体を見るとやる気がなくなるから(笑)。それと同様に、勉強も長期的な計画だけではやる気が続きませんが、短期目標であれば、着実にこなしていけます。着実にこなすことで達成感を得られます。達成できたら「ほら、できたじゃないか」「君はできるんだ」と褒めてあげて、自信をつけさせる。そうすると子どもは勉強がだんだん楽しくなって、やがて自ら進んで勉強をするようになります。

佐藤 それ、大賛成です!短期目標を設定したら、小テストからやってみるといいと思います。10点満点の漢字テストとか、ああいうものなら親もチェックしやすいし、勉強すればきちんと点数が取れるようになるから、成功体験も得やすい。点数が取れるようになると、子どもはやる気になってくれるんですよね。

河端 英語で点数を取るなら、単語を覚えることです。長文読解の問題を解くにしても、文章のなかで4、5個わからない単語があったら、全体として意味がわからなくなってしまいます。逆にそこに書いてある単語の意味が全部わかれば、文法を知らなくてもおおよその内容は理解できます。したがってまず単語を覚えることが大事。ところがそういうことは学校でも塾でもなかなか教えてくれません。単語の勉強は面白くないですからね。

佐藤 英単語だけでなく古文単語も同じです。単語を覚えると、確かに劇的に点数は上がります。でもやはり辛いので、単語の暗記から逃げてしまう子も多いと思います。



トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい