『真田太平記』第1話 高遠落城 (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『真田太平記』第1話 高遠落城

真田太平記

このエントリーをはてなブックマークに追加

真田一族を中心に、戦国時代の終焉を描く池波正太郎の大河ロマン!



細川忠孝
原作:池波正太郎

細川忠孝
宮下英樹氏のアシスタントを長年務め、2010年『センゴク兄弟』(講談社)で初連載。他の作品に『イン・ザ・ヒーロー』(双葉社)、『アダバナ-徒花-』(少年画報社)など。

池波正太郎
『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』など多くの代表作を持つ時代小説家。『真田太平記』は池波真田物の集大成として「週刊朝日」誌上で9年間連載された代表作。

【お知らせ】
本連載は毎週月曜日更新で、一部の記事を除き3週間掲載いたします。


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい