コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    元ザ・バンドのロビー・ロバートソン、個性的な歌唱法ついに完成

    知新音故 週刊朝日

     ロビー・ロバートソンが8年ぶりにニュー・アルバム『シネマティック』を発表した。60年代後半に衝撃的なデビューを飾り、76年の解散までロック・シーンに多大な影響を及ぼしたザ・バンドをリードしてきた人物だ。 ザ・バンドの解散公演を記録した映画『ラスト・ワルツ』の監督を務めたマーティン・スコセッシ作品な...

  • 竹内まりやデビュー40周年 3枚組62曲、その広がりと奥行きと

    知新音故 週刊朝日

     竹内まりやのベスト・アルバム『Turntable』が、話題を呼んでいる。3枚組で62曲を収録。デビュー40周年を記念しており、シンガー・ソングライターとしての姿勢、音楽的な背景を知るのに格好な作品だ。本人にも会って話を聞いた。“More Expressions”と題されたD...

  • エド・シーラン最新作『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』 ジャンル超えたアーティストとの共演

    知新音故 週刊朝日

     今年、4度目の来日で念願だったという東京、大阪でのドーム公演を成功させたシンガー・ソングライターのエド・シーラン。ベスト・セラー・アルバム『÷(ディバイド)』をひっさげ、ワールド・ツアーの一環だった。その最中に制作に取り組んでいたのが最新作『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト...

  • ポップな音楽展開に注目 テイラー・スウィフト『ラヴァー』 より幅広い層に響く

    知新音故 週刊朝日

     テイラー・スウィフトのニュー・アルバム『ラヴァー』は発表後、わずか2日で全米で50万枚を売り上げた。その記録もさることながら、前作『レピュテーション』の過激なイメージを一新。パステル・カラーを基調としたアルバム・カヴァーのデザインやテイラーの装い、ポップな音楽展開に注目が集まりそうだ。 テイラーは...

  • テーマは“港街” 豪快で、郷愁に満ちたCKBの新作

    知新音故 週刊朝日

     横山剣率いるクレイジーケンバンド(CKB)がニュー・アルバム『PACIFIC』を発表した。デビュー20周年記念の前作『GOING TO A GO-GO』から1年になる。 ロック、ソウル、ファンクにブルース。昭和歌謡や演歌も取り入れた奔放なミクスチャー・センス。過去、現在、未来と時空を超えたユニーク...

おすすめの記事おすすめの記事