コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 大石賢吾 医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い

大石賢吾

このエントリーをはてなブックマークに追加
大石賢吾

大石賢吾

大石賢吾(おおいし・けんご)/1982年生まれ。長崎県出身。医師・医学博士。カリフォルニア大学分子生物学卒業・千葉大学医学部卒業を経て、現在千葉大学精神神経科特任助教・同大学病院産業医。学会の委員会等で活躍する一方、地域のクリニックでも診療に従事。患者が抱える問題によって家族も困っているケースを多く経験。とくに注目度の高い「認知症」「発達障害」を中心に、相談に答える形でコラムを執筆中。趣味はラグビー。Twitterは@OishiKengo

  • NEW

    「認知症の親が薬を飲んでくれません」精神科医がまず考える四つの問題とは?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     親が高齢になると、さまざまな病気で薬を飲んでいるケースが少なくありません。認知症を患っていると、薬を飲んでくれないという問題も出てきます。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。【※7月18日に配信した記事は、筆者が承知していない文章の修正が入っており、必ずしも伝えようとした...

  • 3歳の息子が自閉症スペクトラム障害の疑い 「両親に伝えていい?」に精神科医の答えは

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     息子が自閉症スペクトラム障害の可能性があると医師から言われた……。母親が、自分の両親にその事情を伝えるべきか悩んでいるという相談にどうアドバイスすればいいでしょう。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。【※7月4日に配信した記事は、筆者が承知して...

  • 被害妄想で隣の家に怒鳴り込み…70代の夫に何が? 精神科医が相談に回答

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     長年連れ添ってきた夫婦なのに、年老いてきて、夫の様子がおかしい。急に怒りだしたり、被害妄想があったり……。妻は不安を感じることになります。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が自身の診療経験をもとに、相談に答えます。【70代女性Aさんからの相談】夫のことで相談で...

  • ネットで自己診断し「私、ADHDなんです」 精神科医がおすすめしない本当の理由

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     インターネット上の発達障害のチェックシートをやってみて、当てはまってしまったら……。やっぱりそうだったのか、と思う方もいるかもしれません。しかし、千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は「自分が該当すると思い込んでしまうケースも起こってしまっている可能性がある」と...

  • 職場で突然涙が出る…20代女性の不安「精神科に行ったら薬がやめられなくなる?」

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     精神科の受診を勧められたけど、どんなところかわからず怖い。あるいは、他の診療科に比べ、受診に抵抗があるといった声は多いことでしょう。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が自身の経験を一例に、精神科外来について答えます。【20代女性Aさんからの相談】新しい仕事を始めてからいろいろうまくいきま...