コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 帯津良一 ナイス・エイジングのすすめ

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    理想的な生活へ 気功やらずに“気功的人間”になる方法

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「虚空」。*  *  *【ポイント】(1)気功をやらなくても、気功的になれる(2...

  • アンチエイジングの空しさ語った池田晶子 その哲学に帯津医師も感銘

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「池田晶子さん」。*  *  *【ポイント】(1)池田晶子さんが語るナイス・エイ...

  • 退職後に家で嫌な顔をされる男性、どうすれば? 帯津医師が助言

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「家族との付き合い方」。*  *  *【ポイント】(1)一家団欒の時間を犠牲にし...

  • 窮屈な世の中は情報過多のせい? 老子が説く“捨てることと自由”

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「捨てることで自由になる」。*  *  *【ポイント】(1)学問をするとさびしさ...

  • 「年上の人と付き合おう」帯津医師が実感した「先輩のありがたさ」

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「年上の人と付き合う」。*  *  *【ポイント】(1)いくつになっても年上の人...

おすすめの記事おすすめの記事