コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 松本秀男 スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座

松本秀男

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男

松本秀男

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長。

  • NEW

    スポーツトレーナーに国家資格なし 「誰でも名乗れる」って本当?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     最近、有名スポーツ選手のトレーニングを指導する「スポーツトレーナー」が、テレビ番組や雑誌などで取り上げられています。または、芸能人などが個人的に「スポーツトレーナー」に指導を受け、からだを鍛えたり美しいボディーラインづくりをしたりしているのをみて、興味を持つ人も増えているようです。そんな注目を集め...

  • 医師の反対を押し切ってプレーを続けるスポーツ選手 「ドクターストップ」はどこまで強制力がある?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     けがや障害を抱えたスポーツ選手が、「選手生命にかかわる」と医師に反対されても、それを押し切って大事な試合に臨む……。マンガやドラマで、よく描かれるシチュエーションです。実際、競技中、もし選手の身に危険が及べば、会場にいるドクターが「ドクターストップ」をかけて競...

  • 今は昔の「うさぎ跳び」 スポーツ医科学の発展でけが予防はどう変わった?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツ医科学は、スポーツにおける競技力を向上させ、安全にスポーツを通じた健康づくりをおこなうための学問です。これまでのスポーツ医科学の歴史と、その成果がいまパフォーマンスの向上やトレーニング法の開発、けが・障害の予防などにどのように役立っているのかについて、日本臨床スポーツ医学会理事長...

  • 五輪自国開催で医師も大変? 選手サポートだけでなく観客1万人につき医務室1カ所

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     年が明けて、オリンピック・パラリンピックの東京2020大会が、いよいよこの夏に開催されます。各方面で競技会場や運営面の準備が着々と進んでいるなか、スポーツ医学の分野においても、選手のコンディショニングや健康サポート、各会場の医療体制の整備などがはかられています。そんな大会を裏方で支えるスポーツ医の...

  • 女性アスリートを悩ます3主徴 無月経、骨粗しょう症…医師が指摘する注意点とは?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     これまで男性主流と考えられてきたスポーツ種目でも、最近は多くの女性アスリートが活躍しています。しかし女性アスリートは体格も違えば、月経などの女性特有の周期変化もあり、競技生活と日常生活を続ける中でさまざまな悩みを抱えていることが多いのです。そこで、彼女たちが直面する問題点と、いま需要が増えつつある...

おすすめの記事おすすめの記事