コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 岩田健太郎 ワインは毒か、それとも薬か

岩田健太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎

岩田健太郎

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など

  • NEW

    糖分を加えるのは甘くするため!? 意外と違う赤ワインと白ワインの製造工程 

    ワインは毒か、それとも薬か 週刊朝日

     感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健...

  • マリー・アントワネットのバストをかたどった!? シャンパングラスの定番たる所以

    ワインは毒か、それとも薬か 週刊朝日

     感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健...

  • 「健康のため」に有機ワインやビオディナミワインを飲むのは間違っている!? 

    ワインは毒か、それとも薬か 週刊朝日

     感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健...

  • ワイン造りでの「有機」「無農薬」は健康によいか? 感染症屋の見解は…

    ワインは毒か、それとも薬か 週刊朝日

     ワイン造りには、原料となるブドウにも、発酵時に用いる微生物に対しても十分なケアが必要だ。ブドウも微生物も病気になる。病気には薬が必要だ。「農薬」も「薬」なのだから、無碍(むげ)に全否定するのは間違いだ。 とはいえ、やはり農薬は使いたくないよ、という意見もある。(ボルドー液以外の)農薬、つまり化学肥...

  • 感染症屋が語るワイン造り 微生物が「恩恵」にも「邪魔」にもなる理由とは?

    ワインは毒か、それとも薬か 週刊朝日

     感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健...