コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

武田昌美

武田昌美

武田昌美

武田昌美(たけだ・まさみ)/リトルシェフクッキング株式会社代表取締役、子ども料理研究家。料理を通じて子どもの才能を開花させ、挑戦する勇気・失敗への前向きな姿勢を養うことを目的とする料理教室「リトルシェフクッキング」を経営。2歳から19歳まで、のべ2000人以上の子どもに料理の楽しさを教えている。https://little-chef-cooking.com

  • NEW

    「初めて包丁」はいつがいい? 子どもに「聞く力」が備わったら挑戦できる

    子どもの自立心は料理で育つ AERA

     子どものための料理教室「リトルシェフクッキング」代表の武田昌美さんが、子どもと料理を楽しむコツや、レシピを紹介。今回は包丁の使い方についてです。*  *  * これまで子どもが料理をするときにはキッチンバサミが便利ですよ、とお伝えしてきました。でも、料理に慣れてくるとキッチンバサミでは物足りなくな...

  • お受験対策もできる? ポリ袋で作る簡単ポテトサラダ

    子どもの自立心は料理で育つ AERA

     気づけばもうすぐクリスマス。 我が家の子ども達は、12月に入ってツリーを出すと途端にソワソワし始め、サンタのソリの鈴の音が聞こえないかしきりに耳を澄ませています。ときどき夫が、子ども達に気付かれないように鈴の音を鳴らすと、目をまんまるにして「サンタさんが近づいて来てる!」と姉弟で大はしゃぎです。 ...

  • お鍋でご飯を炊くと子どもに「ご飯を炊く」という行為を伝えやすい

    子どもの自立心は料理で育つ AERA

     実は、我が家には炊飯器はありません。かれこれ3年前にお米を土鍋で炊く生活を始めてから、すっかり鍋で炊くご飯の虜になってしまいました。その美味しさはもちろん、蒸らし時間が終わってお鍋の蓋を開けた瞬間の湯気とともに現れる白米の輝かしさといったら……もう最高です! 毎回のこと...

  • かぼちゃは熱いうちに潰せ! ハロウィンにぴったりのチーズケーキ

    子どもの自立心は料理で育つ AERA

     10月31日はハロウィン。我が家では毎年、子どもたちが仮装をして小さなバケツを手にあふれんばかりのお菓子を集めていましたが、コロナ禍の今年はお友達とお菓子交換、というわけにはいきそうもありません。 そこで今年は、子どもと一緒にかぼちゃを使用したお菓子を作ってみるのはいかがでしょうか? 今回ご紹介す...

  • お家ライフにぜひ親子で作りたい! 失敗知らずのパンレシピ

    子どもの自立心は料理で育つ AERA

     パン作りについて、どんなイメージをお持ちですか?  膨らまなかったり、手がべとついたり……こんなに大変なもの、子どもと一緒に作るなんてもってのほか!とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか? しかし、いくつかのポイントを押えて生地を作れば、今までのパン作りの概念が...

おすすめの記事おすすめの記事