コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

諸河久

諸河久

諸河久

諸河 久(もろかわ・ひさし)/1947年生まれ。東京都出身。カメラマン。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「オリエント・エクスプレス」(保育社)、「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)など多数

  • NEW

    都電ファン垂涎のスポット江東区「南砂町」の56年前 専用軌道を鍵型に走った路面電車

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は城東電気軌道から引き継いだ通称「南砂町の専用軌道」を走る都電を回顧しよう。*  *  * 場所は、東京都江東区周辺。現在はJR総...

  • 三島由紀夫も小説の舞台にした「築地橋」を走る都電 54年前、38年前、そして現在は…

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は三島文学の舞台になった「築地橋」を巡る都電を回顧しよう。*  *  * 昭和の文豪「三島由紀夫」が1956年に上梓した「橋づくし...

  • 111年の歴史を誇る京都「嵐電」 46年前の太秦に古都を美しく魅せる路面電車

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も新春特集として、「古都京都」を走る京福電気鉄道嵐山線の路面電車を紹介しよう。*  *  * 嵐電の愛称で親しまれる「嵐山線」。京...

  • 観光都市「京都」の街並みに路面電車はよく似合う! 40年前の桜の季節「絶景かな」

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は2021年新春特集として、「古都京都」を走った京阪電気鉄道京津線の路面電車を紹介しよう。*  *  * こんなご時世でもなければ...

  • 都電車両が新潟や秋田を駆け抜け…地方で息を吹き返した50年以上前の路面電車

    路面電車がみつめた50年前のTOKYO AERA

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。前回に続いて、今回も「都電の都落ち」続編として、東京を去って地方に移籍し、市民の生活で欠かせない存在となった車両を紹介しよう。*  *...

おすすめの記事おすすめの記事