コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡村詩野

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡村詩野

岡村詩野

岡村詩野(おかむら・しの)/1967年、東京都生まれ。音楽評論家。音楽メディア『TURN』編集長/プロデューサー。「ミュージック・マガジン」「VOGUE NIPPON」など多数のメディアで執筆中。京都精華大学非常勤講師、ラジオ番組「Imaginary Line」(FM京都)パーソナリティー、音楽ライター講座(オトトイの学校)講師も務める

  • NEW

    くるりの『thaw』の熟成した「うまみ」が心を揺さぶる

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     コロナ禍で予定されていたコンサート・ツアーやイベントが延期・中止になる中、国内外のミュージシャンたちは思い思いに「今できること」に着手している。 弾き語りなどの生演奏をインターネットで配信したり、自宅録音の作品を「サウンドクラウド」のような音楽共有サービスを利用して公開したりと、家でできることをコ...

  • 堀込泰行の「GOOD VIBRATIONS 2」が醸し出すポップな密室感

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     堀込泰行をあらためて紹介するなら、こんなふうになるだろうか。「良いうた」という当たり前とさえ思える概念を、洗練されたメロディーと唯一無二の声で表現するシンガー・ソングライター。 堀込泰行が実兄の堀込高樹と組んでいたキリンジ(当時の表記)時代から、耳をそっと撫でるようなシルキーな歌声で、滑らかな清潔...

  • 古くて新しい、井上鑑のリイシュー『カルサヴィーナ』

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     1981年に大ヒットした寺尾聰の「ルビーの指環」。もしかすると、その曲のクレジットで初めて「その人」の名前を見た、という人が多いかもしれない。筆者も中学生当時、テレビの歌番組などでこの曲をとても気に入り、曲が収録されたアルバム『Reflections』を購入。その時に編曲者として、「その人」の存在...

  • 独自制作のオムニバスCDでライヴハウスを救いたい! ~アーティストたちの音楽への思い~

    岡村詩野の音楽日和 AERA

      新型コロナウイルス感染拡大の影響で現在、音楽の現場が大きく混乱している。コンサート、ツアー、フェスなどが軒並み延期や中止になっているばかりか、CDなどのパッケージ販売を延期するタイトルも増えてきた。自宅待機中のアーティストたちはSNSや動画サイトを通じて、独自に演奏を配信しているが、ライヴ活動を...

  • 耳と体で舌鼓を打つザ・スクリーントーンズによる最新サントラ『孤独のグルメ シーズン8』

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     スペシャルを含めると、2012年のシーズン1からほぼ毎年放映されているテレビ東京系の人気ドラマ『孤独のグルメ』。毎回登場する実在のお店の雰囲気や料理、多様なメニューはもちろん、松重豊演じる井之頭五郎が神妙な面持ちで舌鼓を打つ様子など見どころは多く、昨年10月クールのシーズン8でも第1回の横浜・中華...

おすすめの記事おすすめの記事