コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡村詩野

岡村詩野

岡村詩野

岡村詩野(おかむら・しの)/1967年、東京都生まれ。音楽評論家。音楽メディア『TURN』編集長/プロデューサー。「ミュージック・マガジン」「VOGUE NIPPON」など多数のメディアで執筆中。京都精華大学非常勤講師、ラジオ番組「Imaginary Line」(FM京都)パーソナリティー、音楽ライター講座(オトトイの学校)講師も務める

  • NEW

    日本人アーティストとも交流を持つタイのラッパーによる新挑戦【最終回】

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     現在の音楽シーンの動きを世界規模で追いかけると、大きく分けて二つの傾向がある。一つはインディペンデント・アーティストがいつになく大きな影響力を持つようになったこと。もう一つは、アジアのアーティスト、もしくはアジア系アーティストが、各地で力をつけていることだ。 アメリカの独立系レコード・レーベルの業...

  • 浅井直樹は海外で“発見”された秘宝 33年ぶりに新たに録音したアルバムの輝き

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     インターネット時代になってから、海外の音楽ファンの間で火がつき、再評価される日本人アーティストや作品は多い。とりわけ1970から80年代の日本の作品への注目は年々高まる一方、欧米のレーベルから“逆輸入”の形で再発売(リイシュー)される作品も相次いでいる。坂本龍一、細野晴臣、...

  • 折坂悠太の「監察医 朝顔」主題歌 ヒューマンな歌の包容力が全ての人に寄り添う

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     ここに願う、願う、願う、君が朝を愛するように――。 繰り返し語りかけるこのサビに聞き覚えのある人も多いだろう。2クール連続で放映中のフジテレビ月9ドラマ「監察医 朝顔」の主題歌「朝顔」。2019年の第1シリーズから引き続きオンエアされているこの曲は、初回の放送時から、歌のメッセージが多くの視聴者の...

  • 細野晴臣はアメリカでも人気 LA公演を収めたライブ盤

    岡村詩野の音楽日和 AERA

     日本の音楽の過去と現在を語る上でも、そしてアメリカの音楽の歴史、日本とのつながりを解き明かす上でも、非常に重要なアルバムがリリースされた。 細野晴臣のライブ・アルバム『あめりか Hosono Haruomi Live in US 2019』。全18曲は2019年7月にアメリカ・ロサンゼルスでのパフ...

  • 『麒麟がくる』は音楽も秀逸 ジョン・グラムが手がけた最高の音質による壮大な音絵巻

    岡村詩野の音楽日和 AERA

      2月7日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。昨夏にはコロナによる長期中断もあったが、本能寺の変を扱った最終回の平均視聴率も18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と有終の美を飾った。明智光秀役の長谷川博己、織田信長役の染谷将太ら主要キャストの好演も年間を通じて高く評価された。 そん...

おすすめの記事おすすめの記事