コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年 岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、18年12月から「くら寿司株式会社」広報担当

  • NEW

    くら寿司社員が選んだ「コスパ最高」のネタとは? 実は回転寿司が発祥

    お魚ビッくらポン AERA

     回転寿司の人気メニューのひとつにビントロがあります。トロと名乗っているだけあって、十分に脂がのっていてとてもおいしいのですが、その値段は非常にリーズナブルです。 よく「ビントロ」という魚がいるものと勘違いされている方がいますが、これは、ビンナガ(ビンチョウ)マグロというマグロの一種のトロの部分のこ...

  • 自然育ちの「子真鯛」に人工エサを食べさせる秘策を発見! 「人のふり見て作戦」とは

    お魚ビッくらポン AERA

     今年もうなぎたちにとって受難の日である「土用の丑の日」がやってきます。しかしながら最近は、うなぎの価格が高騰して、とても我々庶民が気軽に口にできる食材ではなくなってしまいました。 そんな中、朗報もあります。国の研究機関が、うなぎの完全養殖にメドをつけたというのです。この取り組みがうまくいけば、近い...

  • 大怪獣ゴジラのモデルにも? 夏の味覚「鱧」はあまりに凶暴だった

    お魚ビッくらポン AERA

      筆者が住んでる関西地方で夏を代表する魚と言えば、「鱧(はも)」以外には考えられません。梅肉とともに白くてふっくらとした身を楽しむ「鱧の落とし(湯引き)」は、京都や大阪の夏の風物詩として料亭などでは定番の味覚。毎年7月に行われる祇園祭は、別名「鱧祭」とも言われています。 日本近海では瀬戸...

  • 生魚が苦手でも大丈夫! 「フルーティーフィッシュ」のすごい秘密

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんの知り合いに、生の魚は苦手、食べられないという方はいらっしゃいますか?残念ながら、一定の割合で、生の魚が苦手という方がいるのも事実です。 その理由を聞くと、「魚の臭いが苦手」という方が多いんですよね。同じ理由で生の魚が食べられないというお子様も多いようです。 今日はそんな方々にぜひ知っていた...

  • 熟成肉ならぬ「熟成魚」って? うまさ左右する「生きてるときのストレス」

    お魚ビッくらポン AERA

     覚えている方も多いと思いますが、2014年ごろ、熟成肉ブームがありましたよね。新鮮な肉でもしばらく置いて熟成させて食べると、イノシン酸という旨み成分が出て、とても美味しくなるということでした。 当時、多くの人から「一回騙されたと思って食べてみるべき!」と言われ、半信半疑でトライしてみたところ、新鮮...