コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2021年1月から取締役 広報宣伝IR本部 本部長。

  • NEW

    一匹10万円以上も! 超高級な幻の鮭とは? 国内でのサーモン養殖の最大の敵は?

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんはお寿司の中で一番好きなネタは何ですか? マルハニチロの調査によると、回転寿司のネタの中での一番人気は、10年連続でサーモンとのことで、くら寿司でも常時いろんな種類のサーモンのお寿司を販売しています。 皆さんもご存じの通り、サーモンは回転寿司特有のネタです。職人さんが握るお寿司屋さんでは、間...

  • 大阪名物「バッテラ」の語源はヨーロッパから? 実は知らない「箱寿司」の歴史!

    お魚ビッくらポン AERA

     みなさんは、お寿司といったらどんなお寿司を思い浮かべるでしょうか? 「やっぱり、にぎり寿司!」という方が多いのでしょうか。 にぎり寿司はご存じの通り、江戸時代に、せっかちな江戸っ子のために「早寿司」として考案されたものです。 それまでのお寿司は、魚などを発酵させて作っていました。それが待ちきれない...

  • 「赤い緋鯉(ヒゴイ)」って、お母さん? 童謡「こいのぼり」を歌ってわかる意外な事実

    お魚ビッくらポン AERA

     車窓から、青空をバックに気持ちよく泳ぐ鯉のぼりの姿を遠くに眺められる季節になりました。 筆者の実家は、倉敷でもやや田舎の方でした。庭には先端に金色の風車がついた、立派な鯉のぼり用の木の柱が立っていて、4月の半ば頃から、黒と赤2匹の鯉と五色の吹き流しが気持ちよさそうに風に吹かれていたのを覚えています...

  • 「裏メニュー」はなぜ存在する? 回転寿司チェーンのお得すぎる裏メニュー事情とは…

    お魚ビッくらポン AERA

     先日、昼食時に入った某牛丼チェーンのお店で、聞きなれないオーダーをしているお客さんを見かけました。「牛丼並を、つゆだく、ネギだく、トロ抜きで…」 確かそう言っていたように思います。「つゆだく」は聞いたことはありましたが、「ネギだく」「トロ抜き」は初めて。興味津々でその客さんに注目して...

  • メダカより小さいのに黒酢並みの酸性水で暮らすスゴい魚は「小人のようで妖精っぽい」?

    お魚ビッくらポン AERA

     阪神地方の初春の風物詩、「イカナゴのくぎ煮」の季節がやってきました。甘辛いタレがからんだ絶妙の食感は、個人的には「ご飯のお供ナンバー1」の称号を冠しています。ご飯を何杯もおかわりしてしまう、悪魔のおいしさです。 今年は昨年に比べてイカナゴが豊漁のようですので、去年より頻繁に「イカナゴのくぎ煮」を楽...

おすすめの記事おすすめの記事