コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長。

  • NEW

    将棋で注目のAIがマグロを目利きしたらどうなる? 「Aランク」の仕入れを任せた結果…

    お魚ビッくらポン AERA

     将棋の藤井聡太7段のダブルタイトルへの挑戦の行方に注目が集まっています。それを紹介する番組で筆者が気になったのは、「普通に見るとこの指し手は凡手に見えますが、AIで6億手先まで読むと、秀逸の指し手なんですね」とのコメントでした。 そんな手を指す藤井7段もすごいですが、6億手先をシミュレーションする...

  • 魚の鼻の穴は四つ…実は人間にも四つあった! 養殖の真鯛を一目で見分ける方法とは

    お魚ビッくらポン AERA

     先日このコラムで、魚たちの視力について紹介しましたが、今回は嗅覚について紹介します。 魚たちの視力は人間でいうところの0・1から良くても0・6程度とあまり目は良くありませんが、嗅覚については、我々よりはるかに優れていて、犬並みかそれ以上とも言われています。 というのも、見通しが効きにくい水中におい...

  • くら寿司の卓上ゲーム景品が「大人向け」に? かつては現金も…幹部が独占告白

    お魚ビッくらポン AERA

     このコラムは「おさかなビッくらポン」ということで、基本的には魚やお寿司に関することを書いてきましたが、今日は後半部分の「ビッくらポン」についてです。  というのも、私がいるくら寿司広報には日頃からビッくらポンに関する質問や疑問や要望がとても多く寄せられていますので、皆さんのそうした声に、限られた内...

  • お魚たちはみんなド近眼! 遠くが見えない代わりに発達したすごい「目力」とは

    お魚ビッくらポン AERA

     先日、知り合いの経営者の方から「そろそろ会社をたたんで引退しようと思ってるんだけど…」との話を聞きました。 彼は筆者と同じ年齢なので「まだ早いんとちゃう?」と言ったんですが、「最近は老眼が進んで経理の資料を見るのも辛くなってきたから、もう潮時やと思う」とのことでした。 筆者は小学生の...

  • マグロは青魚なのか? 定まらない「青魚の定義」とぶれない「すごい効果」とは

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんは子供の頃「頭がよくなるから、サバやイワシなどの青魚をしっかり食べなさい」って言われたことはありませんか? 筆者も子供の頃、家族からよく言われていましたが、当時はどうも青魚の見た目が苦手で、あまり好きではありませんでした。今はもちろん大好きです。 ご存じの方も多いと思いますが、サバやイワシな...

おすすめの記事おすすめの記事