コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長。

  • NEW

    「赤字覚悟のサービス」はウソ! 回転寿司屋が明かす黒字化のカラクリとは

    お魚ビッくらポン AERA

     回転寿司の会社で仕事をしていてよく聞かれるのが「あの値段でお寿司を販売していてよく利益が出ますね。いったいどんなカラクリがあるんですか」ということです。「赤字覚悟の大サービス」といったセールストークを時々耳にしますが、ビジネスでやっている以上、最初から赤字前提で販売することは、普通ではありません。...

  • フグを温泉で育てると毒がなくなる!? 「フグ肝」食べられる日はすぐそこ

    お魚ビッくらポン AERA

     冬においしい魚のひとつに、フグがありますね。代表的な食べ方は「てっちり」や「てっさ」でしょうか。通な方の中には「てっぴ」が好きという方もいらっしゃるかもしれません。 ご存じの方も多いとは思いますが、この変わった呼び方のルーツは、かつて大阪でフグのことを「てっぽう(鉄砲)」と呼んでいたことに由来して...

  • チョコとみかんでブリを育てたらどんな味? チョコの効き目が予想の斜め上だった

    お魚ビッくらポン AERA

     まもなく2月14日、バレンタインデーがやってきますね。 筆者も中学生の頃には「今年はチョコレートもらえるかな?」「できればあの娘からもらえるとうれしいな…」「あいつには絶対に(数で)負けたくない」と前夜からいろんな感情が渦巻いて、なかなか寝付けないほど意識していました。それなのに当日...

  • 左ヒラメに右カレイは間違いだった? 寿司屋が教えるカレイとヒラメの真実とは

    お魚ビッくらポン AERA

     冬から春にかけておいしくなる魚に、カレイとヒラメがあります。 どちらも片面が茶色っぽく、もう一方の面が白色の平たい体形で、とてもよく似ていますね。皆さんは、カレイとヒラメを見分けることができますか? 有名な見分け方に、「左ヒラメに右カレイ」というものがあります。筆者も子供の頃にそう教えられ、ずーっ...

  • 江戸時代に最も高級だった寿司ネタは?2貫で出てくるワケは? 寿司屋の裏話

    お魚ビッくらポン AERA

     筆者はくら寿司の広報を務めています。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、先日、某テレビ局の番組で、一流の寿司職人の皆さんに、当社のお寿司を判定していただく企画が放映されました。 その際に一流と言われる職人の方々とお話をする機会を得ることができましたが、やはりその道を極められた方々の、お寿...

おすすめの記事おすすめの記事