コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡本浩之

このエントリーをはてなブックマークに追加
岡本浩之

岡本浩之

おかもと・ひろゆき/1962年岡山県倉敷市生まれ。大阪大学文学部卒業後、電機メーカー、食品メーカーの広報部長などを経て、2018年12月から「くら寿司株式会社」広報担当、2019年11月から、執行役員 広報宣伝IR本部 本部長。

  • NEW

    かつて高級食材だったボラが復権中 うまさのサインは「濁った目」!?

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんは、ボラという魚にどんなイメージをお持ちでしょうか。 丸太のような魚体に、おちょぼ口でちょっととぼけた感じの愛敬のある顔をしています。世界中の温帯から熱帯の海域に広く生息している、非常にポピュラーな大型魚です。 日本でも、北海道以南の汽水域から沖合までどこでも生息しており、河口などで釣りをし...

  • 某番組でダメ出しされたサバ寿司 くら寿司が絶対変更しない理由とは?

    お魚ビッくらポン AERA

     早いもので、今年も残り1カ月となりました。 この時期に旬を迎える魚は多いのですが、その中でも今日は皆さんもよくご存じの「サバ」を紹介したいと思います。サバはアジやイワシと並んで、我々日本人にとって最もポピュラーな魚のひとつではないでしょうか。 太平洋側、日本海側を問わずほぼ日本全国で取れます。日本...

  • 熟成魚をおいしく感じる理由は恐竜時代に 遺伝子に刻まれた意外な真実とは?

    お魚ビッくらポン AERA

     以前このコラムでも書きましたが、いま世の中は熟成ブームです。熟成肉をうたうお店が街にあふれ、熟成まぐろをはじめとする熟成魚も人気を集めています。 熟成した食品って、しっとりとした舌ざわりで、なんとも言えない旨みが口の中にじゅわ~っと広がっておいしいですよね。 東京大学の眞鍋昇先生(日本食品科学研究...

  • 雄同士が出会ったら一方が雌に!? 複雑怪奇なお魚の性転換事情

    お魚ビッくらポン AERA

     異性に対して消極的な「草食男子」や乙女的な趣味を持つ「オトメン」など、若者の中性化が顕著になってきたと言われています。ただ、ここでいう中性化とは、社会的な性別という意味合いが強そうです。 ところが、実は魚たちの世界では、実際に男から女へ、女から男へ……と性転換する種が珍...

  • 意外に多い「釣り人に人気ない魚」「流通せずに地元のみで食べられる魚」とは?

    お魚ビッくらポン AERA

     皆さんはアイゴという魚をご存知でしょうか? 堤防釣りや磯釣りをする方なら、「あぁ~アイゴね。知ってるけど……」とあまりいい顔をされない方も多いのではないでしょうか? アイゴは、主に本州各地の岩場や堤防近辺に生息し、30cm程度の大きさになる、おちょぼ口がかわいい(個人的...

おすすめの記事おすすめの記事