コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大石賢吾

このエントリーをはてなブックマークに追加
大石賢吾

大石賢吾

大石賢吾(おおいし・けんご)/1982年生まれ。長崎県出身。医師・医学博士。カリフォルニア大学分子生物学卒業・千葉大学医学部卒業を経て、現在千葉大学精神神経科特任助教・同大学病院産業医。学会の委員会等で活躍する一方、地域のクリニックでも診療に従事。患者が抱える問題によって家族も困っているケースを多く経験。とくに注目度の高い「認知症」「発達障害」を中心に、相談に答える形でコラムを執筆中。趣味はラグビー。Twitterは@OishiKengo

  • NEW

    精神疾患は身近な病気なのに、医療が届きづらい? 「正しい情報がほしいけど」

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     精神疾患は、日本の5疾病の一つであり、患者数は平成29年で419万人と増加の一途にあります。しかし、とても身近な疾病である一方で、必要な人に医療が届いているかと問われると必ずしもそうではないようです。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に回答する形で連載してきた本コラム。これまでの連...

  • 認知症の親の施設入所を考えるタイミングはいつ? 精神科医が考える二つの指標

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     一人で暮らす親に認知症の症状が出てきているので、そろそろ施設への入所を考えたほうがいいのだろうか? そんなことを考える子ども世代の方も多いのではないでしょうか。施設への入所は、親のことを思い健康を願う家族にとっても、特に気をもまれる難しいテーマだと思います。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾...

  • 大人になってから問題化する「ADHD」は軽症なの? 精神科医が考える早期介入の重要性

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     子どもの100人に約3~5人が当てはまるといわれるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、社会人になって初めて障害が問題化することもあります。大人になるまで問題化しないのなら“軽症=比較的対応しやすい”と思われる人もいるかもしれませんが、千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾...

  • 「包丁を持ち出して脅してしまった」攻撃性へ転じる高齢者に何が? 精神科医の答えは?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     高齢になると、進行性のもの忘れに加えて、つじつまの合わない会話やイライラの存在もうかがわれ、ときに攻撃性へ転じることもあります。これは認知症の症状なのでしょうか? 千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が相談に答えます。*  *  *【70代女性Aさんからの相談】一緒に暮らしている夫のことで...

  • 発達障害の発症に影響を与える「環境要因」って具体的に何? 最新の論文を調べてみた

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い dot.

     発達障害の一つ、自閉症スペクトラム障害(ASD)は遺伝するのか? という相談に対し、千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は、前々回の本コラムで「これまでの研究から遺伝的要因が存在していることは明らかと思われるものの、それだけが原因ではないとする研究結果もあるのが現状です」と回答しました。遺...

おすすめの記事おすすめの記事