コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 大井美紗子 ここがヘンだよ日本の育児!

大井美紗子

このエントリーをはてなブックマークに追加
大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/アメリカ在住ライター。海外書き人クラブ会員。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部卒業後、出版社で育児書の編集者を務める。渡米を機に独立し、日経DUALやサライ.jp、ジュニアエラなどでアメリカの生活文化に関する記事を執筆している。2016年に第1子を日本で、19年に第2子をアメリカで出産。ツイッター:@misakohi

  • NEW

    台風直撃でも保育園が開く日本 小雨でもすぐに閉まるアメリカ

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     先日9月9日、台風15号が首都圏を直撃しました。多大な被害が今も続いています。お見舞い申し上げます。 暴風で木がなぎ倒され、鉄道が止まるような天候でも「保育園は開いていた」と聞いて、驚いてしまいました。NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹さんのnoteによると、こういう事情があるそうです。『保...

  • 「母子手帳」が電子化されているアメリカ 健診・予防接種は手ぶらでOK

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     先日、日本で母子手帳のアプリ化が話題になっていました。全体的には「完全アプリ化するのも紙だけに頼るのも、どちらもデータが失われる可能性がある。紙と電子、両方で残しておけると安心・便利だよね」という論調だったと思います。 アメリカも、まさに紙・電子の両方で残す状態になっています(『アメリカ』といって...

  • 日本人は謝りすぎ? 白黒はっきりしているときだけしか「ソーリー」と言わないアメリカ人

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     親の口ぐせって、すぐ子どもに移りますよね。最近、我が家の3歳児がやたら「ごめん」という言葉を口にするのです。「靴下はくの、忘れてるよ」「あ、ごめん」。「今日はもうテレビ見ないって言ったでしょ」「ごめんごめん」。わたしが何かにつけ「ごめん」と言うのがうつってしまったようです。「ごめん」は、心から謝る...

  • ジムも博物館も…気楽に子どもを預けられるアメリカ 親が「自分の時間がほしい!」と思ったとき

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     生活の主導権をすべて子どもに握られていると、「ちょっとでいいから自分の時間がほしい!」という気持ちが定期的にやってきます。可愛い我が子だって、24時間常に優先するのは疲れるものです。 そういうときでも、日本のお母さん、お父さんは一人でがんばってしまうのではないでしょうか。親としての責任感が、愛情が...

  • ベビーシッター利用で日本人が勘違いしている5つのこと 育児アウトソーシング大国・アメリカからの提案

    ここがヘンだよ日本の育児! AERA

     ベビーシッター利用率が5%未満の日本。利用へのハードルがもっと下がったらいいのにな、との思いからアメリカのベビーシッター利用事情を前回ご紹介しました。アメリカは58%の家庭が月に1回以上ベビーシッターを利用している育児アウトソーシング大国。利用の主な目的は、夫婦でのデートや息抜きです。 日本でも気...