コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 中西正男 上方芸能ここだけの話

中西正男

このエントリーをはてなブックマークに追加
中西正男

中西正男

中西正男(なかにし・まさお)/芸能記者。1974年、大阪府生まれ。立命館大学卒業後、デイリースポーツに入社。芸能担当として、故桂米朝さんのインタビューなどお笑いを中心に取材にあたる。取材を通じて若手からベテランまで広く芸人との付き合いがある。2012年に同社を退社し、井上公造氏の事務所「KOZOクリエイターズ」に所属。「おはよう朝日です」(ABCテレビ)、「バイキング」(フジテレビ)などに出演中。

  • NEW

    関西で異彩を放つメッセンジャー黒田 50歳にして天命を知る?

    上方芸能ここだけの話 dot.

      関西でオンリーワンの存在感を放つ漫才コンビ「メッセンジャー」の黒田有。来年1月には50歳を迎え、芸歴も30周年に突入していく。今年2月には19歳下の一般女性と結婚。この1年であらゆる波が一気に押し寄せる形となっている。「ウチは僕が生まれた時から親父がいなかった。なので“お父さん&rd...

  • 世界を飛び回る千原せいじが感じる日本の“おかしなトコロ”

    上方芸能ここだけの話 dot.

    「日本って、飲食店のサービスがいいみたいなことを言われるでしょ?でもね、海外の人からしたら、ガッカリして帰る方が多いと思います。残念ながら」 デビュー30周年を迎え、ここにきてさらにオンリーワンの色を見せているのがお笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじだ。 テレビ番組の企画などで月に一回は海外ロケに出...

  • 吉本辞めた島田洋七が闇営業問題に持論「戦力外通告もやさしさ」

    上方芸能ここだけの話 dot.

     少し前まで、連日報道されていた吉本興業の“闇営業”問題。テレビや紙面などでこの話題を聞く機会はめっきり減ったが、実は、この件に関して今も多くの芸人から相談を受けている人物がいる。それが島田洋七だ。 漫才コンビ「B&B」として天下を取り、私小説「佐賀のがばいばあちゃん」が大ヒ...

  • NSC首席卒業の芸人が“光営業”で「ノーサイド・ゲーム」出演を果たすまで

    上方芸能ここだけの話 dot.

     今シーズンの連続ドラマで一番の話題作ともいわれるドラマ「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)。出世の道を閉ざされた元エリート社員が自社のラグビーチームのGMとして奮闘する姿が視聴者の心を揺さぶり、視聴率的にも順調な推移を見せている。 実は、この物語にも負けずとも劣らずのアツいアプローチをし、キャストの...

  • 宮迫がたむけんに明かした「自分が今思っていること」の中身とは?

    上方芸能ここだけの話 dot.

     タレント・明石家さんまが10日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(関西ローカル)で、闇営業問題で吉本興業を契約解消となった雨上がり決死隊の宮迫博之について「(宮迫を)預かることになりそう」と語った。  闇営業問題から始まり、途中からは吉本の組織としての在り様が問われる展開へと中身が変化してい...

おすすめの記事おすすめの記事