野上祐

野上祐(のがみ・ゆう)/1972年生まれ。96年に朝日新聞に入り、仙台支局、沼津支局、名古屋社会部を経て政治部に。福島総局で次長(デスク)として働いていた2016年1月、がんの疑いを指摘され、翌月手術。現在は闘病中

  • ハイテンションだった稲田氏 闘病の記者が考える「空」

    ハイテンションだった稲田氏 闘病の記者が考える「空」

     その言葉は哲学者のおじから贈られ、自分の中心にあり続けると、12年前の郵政選挙で初当選した彼女は本に記している。辞任の心境を尋ねる記者団にもみくちゃにされながら、その言葉「空(くう)」を残し、稲田朋

    dot.

    8/26

  • 病床でも、「動詞」の世界を生きる がんと闘う記者

    病床でも、「動詞」の世界を生きる がんと闘う記者

     かつて何度も繰り返し、そのたびに絶望感すら覚えた看護師さんとのやりとりがある。「痛い……」と訴えたのに、「痛いですね……」と返されて終わることだ。 いくつかの病院で経験したから、すでに必要な手を打っ

    dot.

    7/30

  • 思わずつぶやいた「おれもがんばろう」 がんと闘う記者

    思わずつぶやいた「おれもがんばろう」 がんと闘う記者

     病気になると、面会やメールでよく言われるのが「がんばって」だ。 これほど多く言われるのは大学受験の時期以来で、言われた時の気持ちも、深刻さを除けば、ほぼ同じである。「もう、とっくにがんばってます」 

    dot.

    7/15

  • がんと闘う記者、「うんこ漢字ドリル」に思う

    がんと闘う記者、「うんこ漢字ドリル」に思う

     小学生向けの「うんこ漢字ドリル」(文響社)が売れているそうだ。福島のときの仲間が朝日新聞社のニュースサイト「withnews」に書いていた。 実は、私にとって「うんこ」はトイレで流して「はい終わり」

    dot.

    6/25

  • 苦しいとき、ミサイル避難迫られたら…がんと闘う記者

    苦しいとき、ミサイル避難迫られたら…がんと闘う記者

    「半径500メートル」の政治記事を書きたいと思った。500メートルとは、我が家から最寄り駅までの距離だ。電車で移動する必要がない「ぐるりのこと」から政治を描きたい、と。テーマは安全保障にした。いざとい

    dot.

    5/11

  • がんと闘う記者が考える 「弱さ」と「強さ」

    がんと闘う記者が考える 「弱さ」と「強さ」

     昨年2月にがんの手術を受けた病院には、大きな桜があった。見舞いにきた先輩記者と並んで写真を撮った。「これが最後の桜かもしれない」。ならば、この経験を逆手に取り、少しでも記者として成長して散りたい、と

    dot.

    4/30

  • 政治家もリスク語って がんと闘う記者、議員勉強会へ

    政治家もリスク語って がんと闘う記者、議員勉強会へ

     闘病生活の中で、患者と医師の関係が、有権者と政治家のそれに似ていることに気づいた。それは問題への対処法について説明を受け、一定の範囲で信任を与えるという点だ。 しかし、説明のあり方は政治と医療の間で

    dot.

    1/20

  • 福島の日々、「それでも」に込めたのは がんと闘う記者

    福島の日々、「それでも」に込めたのは がんと闘う記者

     パソコンで「それでも」と打ってから、あれ、と思った。福島を離れて初めてコラムを書いたときのことだ。福島で働く以前は使っていなかった気がしていたが、福島以後の過去の記事を調べると、ぞろぞろ出てきた。 

    dot.

    1/11

  • 記事を書いたら、祈る がんと闘う記者が考えた

    記事を書いたら、祈る がんと闘う記者が考えた

     いきさつは忘れたが、あなたは何のために記事を書いているの? と問われたことがある。静岡県の沼津支局で働いていた20代後半。相手はひとつ先輩の女性記者だった。 何を今さらと思い、「世の中を変えるためじ

    dot.

    8/8

  • リスクも語ってほしい がんと闘う記者が感じた参院選

    リスクも語ってほしい がんと闘う記者が感じた参院選

     4カ月前、がんの手術を受けた。 腹を開いたが、もはや切除できる段階ではなかった。結果を告げた執刀医は「とにかくあきらめるな」と繰り返すばかり。ではどうすべきかは、語らなかった。縦20センチほどの手術

    dot.

    7/8

1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す