コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

竹増貞信

竹増貞信

竹増貞信

竹増貞信(たけます・さだのぶ)/1969年、大阪府生まれ。大阪大学経済学部卒業後、三菱商事に入社。2014年にローソン副社長に就任。16年6月から代表取締役社長

  • NEW

    ローソン社長・竹増貞信「コロナ禍で緊急需要から日常使いに。まずは野菜から」

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、51歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * コロナで変わったこと。その一つが、昨年5月から全国で野菜を取り扱う店舗が増えたことです。そこには、お客さまの要望の変化があります。 コンビニは、...

  • ローソン社長・竹増貞信「マスターズ優勝の松山選手、素朴な人柄はかわらず」 

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、51歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * うれしさと感動で、格別な余韻にこのままずっと浸り続けたい気持ちです。ゴルフの松山英樹選手が、4大大会の一つ「マスターズ・トーナメント」で日本男子...

  • ローソン社長・竹増貞信「DX推進 文系、理系ともに必要なスキルとは」

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、51歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * ITによる効率化が世間に浸透するなか、ローソンでも「セミオート発注システム」や「スマホレジ」など、いち早く現場にデジタル技術を導入しました。昨年...

  • ローソン社長・竹増貞信「LiSAさんから子どもたちへ 2万枚の卒業証書」

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、51歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * デジタル化が進む中でも、履歴書や役所への提出書類のように「紙」が必要な時もあります。その需要にお応えするために、ローソンでは店内にマルチコピー機...

  • ローソン社長・竹増貞信「東日本大震災を『10年』で区切らない 被災地訪問で実感したこと」

    コンビニ百里の道をゆく AERA

    「コンビニ百里の道をゆく」は、51歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * 東日本大震災から10年が経ちました。私たちにとって、3・11は大切な仲間をお店で亡くすというつらい経験となりました。コンビニエンスストアは街のイ...

おすすめの記事おすすめの記事