コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 東尾修 ときどきビーンボール

東尾修

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

  • NEW

    平成は「投手の分業化が確立」、令和では…? 東尾修の考え

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、投手の起用法について語る。*  *  * 前半戦が終わって気付いてみたら、セ・リーグは巨人が独走態勢に入った。もっと混戦状態のまま8月、9月を迎えてほしいが、突っ走ってしまうかもね。 2位以下がすべて借金を背負うというような、1強5弱の図式になる...

  • 「オールスター」の意義とは? 昭和と令和の違いを東尾修が語る

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、オールスターの今昔を比較しながら、その意義や魅力などについて語る。*  *  * 今年もオールスターの季節がやってきた。7月12日に東京ドームで、13日に甲子園で行われる。最多出場は巨人・坂本勇人の11回か……。ここ数...

  • 東尾修「『9人野球』の時代はとっくに終わり」ソフトバンクが見せた組織力

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、交流戦で優勝したソフトバンクの強さを語る。*  *  * 交流戦はソフトバンクが優勝した。15年目を迎えた交流戦で8度目の優勝(最高勝率含む)だ。「何でこんなに強いのか」という問いに「戦力の厚さの違い」と言われれば、それまでだろう。しかし、今回の...

  • 「悪くないのでは?」東尾修が“松坂復活”に期待 そのワケは?

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     1軍復帰に向け、調整を行う中日の松坂大輔投手。監督として西武ライオンズの新人時代から松坂投手を見てきた東尾修氏が復活を期待する。*  *  * 中日・松坂大輔の2試合目の実戦登板となった6月14日のウエスタン・リーグ、阪神戦(甲子園)をテレビでチェックした。“おっ、この形で臨めれば悪く...

  • 吉田輝星が“勝つために”必要なこと 東尾修が語る

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、日本ハムの吉田輝星投手の可能性について語る。*  *  * 試合途中までだったが、日本ハムのドラフト1位、吉田輝星のデビュー戦をテレビでチェックしていた。6月12日の広島戦。5回1失点で勝利投手となったが、まずは笑顔でプロの第一歩を踏み出せたこと...