コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

矢部万紀子

このエントリーをはてなブックマークに追加
矢部万紀子

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』

  • NEW

    指原を脅かす、ファーストサマーウイカを発見した!

    あの人ってば。 dot.

     若い女子と話すと、「テレビは見ない。Netflixを見てる」とみんなが言う。「バラエティーとか嫌い」とも言う。理由はいろいろだが、それぞれになるほどと思う。 ある日曜の夜、バラエティー風ニュース番組(←具体的)を見たら、おっさん(81歳←具体的)がジェンダー問題についてトンデモ...

  • 妙に説得力のある武田真治の言葉 選挙に出たら当選するんじゃないか?

    あの人ってば。 dot.

     アマゾンで縄跳びを買った。武田真治の著書『優雅な肉体が最高の復讐である。』を読了したからだ。「特に僕と同世代で久しぶりに身体を動かすというかたに」おすすめで、「まずは100回、1回もミスしないで跳ぶことを目指してください」と書いてあったから、素直に従ってみたのだ。「同世代」と言い切るには、少々無理...

  • シャケの骨を口から出す名優になった、草刈正雄について思う 

    あの人ってば。 dot.

     草刈正雄が「なつぞら」で、シャケの骨を口から出していた。5月16日だった。感動した。すごいと思った。という話を書きたい。 そもそも「なつぞら」は朝ドラ100作目ということで、始まる前からNHKがものすごく力を入れていた。広瀬すずが主演だと2017年11月に発表して、これは99作目「まんぷく」のヒロ...

  • やっぱり大吉先生は、すっごくモテると思う

    あの人ってば。 dot.

     最近、ラジオをよく聴いている。好みのタイプの番組を追いかけて感じていたのが、ラジオ番組って教室っぽいなということだ。 年齢はバラバラなんだけどリスナーという生徒がたくさんいて、パーソナリティーは先生だったり生徒だったりと個性によって違う感じ。今どきのリアルな教室はスクールカーストだなんだと深刻そう...

  • 内野聖陽は日本で一番、ゲイの美容師が似合う俳優だと思う

    あの人ってば。 dot.

    「きのう何食べた?」(テレビ東京系)が楽しみでならない。4月スタートドラマナンバーワン間違いなし、と思う。 良い原作(よしながふみの同名漫画)に良い役者(西島秀俊と内野聖陽)を得て、深いゲイカップルのドラマになった。「深い」って何ですか、という話なのだが、別な言葉にするなら「俯瞰した目で描いている」...