(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。新刊『日本を壊した霞が関の弱い人たち 新・官僚の責任』(集英社)など

  • 古賀茂明「五輪に『第4波』直撃も」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     2021年は大変な年になりそうだ。 もちろん、一番気になるのは、新型コロナウイルスの感染拡大だ。いつ収束するかという先の話よりも前に、正月休みにあちこちで医療崩壊が起きている可能性が高い。これまで聞きなれなかった言葉「トリアージ」が最もよく耳にする言葉となり、全国で多くの命が選別される地獄絵が繰り...

  • 古賀茂明「菅首相の年金政策は場当たり的」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

    「高齢者」は何歳からか。日本老年学会と日本老年医学会が「高齢者は75歳から」とする提言を出したのは4年前の2017年1月。多くの分野で「高齢者=65歳以上」という考え方が定着していたので、当時はセンセーショナルに取り上げられたが、今では、それほど驚くような話ではなくなった。 例えば、年金は原則65歳...

  • 古賀茂明「ウィズ・コロナ&菅時代」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     菅義偉内閣の支持率が下がっている。新型コロナの感染拡大が止まらず、事実上の医療崩壊が各地で始まっているのにGoToキャンペーンの抜本的見直しを頑なに拒む姿勢には批判が強い。さらに、国会や記者会見でも、ひたすら官僚が準備した想定問答資料を棒読みして、見る者の神経を逆なでする。支持率低下は当然だろう。...

  • 古賀茂明「菅首相を忖度する官僚の『猫の手』」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     最近のデジタル庁に関するニュースを見ていて心配なことがいくつかある。 まず、来年9月創設という目標が遅すぎる。世界から周回遅れの日本の現状を考えれば、危機感がなさすぎる。私が、ダイエーやカネボウの再生を手がけた産業再生機構の創設に関わった時は、2002年11月に設立準備室を立ち上げ、翌年5月に業務...

  • 古賀茂明「 春の一斉休校は安倍疑惑封じ?」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

    「桜を見る会」前日に安倍晋三前総理後援会がホテルで開催した「前夜祭」の費用の一部を安倍氏側が補てんしていたというニュースが注目を集めている。自分の選挙区の有権者の飲食代の一部を負担していたとなれば、公職選挙法違反になりかねない。それを免れたとしても、前夜祭でのカネの出入りを政治資金収支報告書に書いて...

おすすめの記事おすすめの記事