(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大石賢吾

このエントリーをはてなブックマークに追加
大石賢吾

大石賢吾

大石賢吾(おおいし・けんご)/1982年生まれ。長崎県出身。医師・医学博士。カリフォルニア大学分子生物学卒業・千葉大学医学部卒業を経て、現在千葉大学精神神経科特任助教・同大学病院産業医。学会の委員会等で活躍する一方、地域のクリニックでも診療に従事。患者が抱える問題によって家族も困っているケースを多く経験。とくに注目度の高い「認知症」「発達障害」を中心に、相談に答える形でコラムを執筆中。趣味はラグビー。Twitterは@OishiKengo

  • 独居なのに「家にかわいい子どもがいる」と言う70代の母 その不安に精神科医は?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い 週刊朝日

     最近、どうも一人暮らしの親の様子がおかしい。子どもとしては、不安を感じることになります。千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師が自身の診療経験をもとに、相談に答えます。【50代女性からの相談】最近、一人暮らしの母が「自宅にかわいらしい子どもがいる」というのですが、会いに行ったときにはいつも誰...

  • ADHDと診断された7歳の娘からひどい言葉 「もう嫌になる…」と悩む母親に精神科医は?

    医療が届かずに悩んでいる方へ 一精神科医の切なる想い 週刊朝日

     子どもの100人に約3~5人が当てはまるといわれるADHD(注意欠陥・多動性障害)。その親は、さまざまな悩みを抱えることになります。そんな親に対して、千葉大学病院精神神経科特任助教の大石賢吾医師は、一度医療機関に頼ってみてほしいと言います。このコーナーでは、大石医師が自身の診療経験をもとに、相談に...

おすすめの記事おすすめの記事