(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子

大井美紗子(おおい・みさこ)/ライター・翻訳業。1986年長野県生まれ。大阪大学文学部英米文学・英語学専攻卒業後、書籍編集者を経てフリーに。アメリカで約5年暮らし、最近、日本に帰国。娘、息子、夫と東京在住。ツイッター:@misakohi

  • 相手の姿が見えなくなるまで見送る日本人 アメリカ式の解散なら人生100日は節約?

    帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記 AERA

     アメリカで暮らしていると面倒事がいろいろありますが、日本に住んでいたときよりラクになったこともあります。そのひとつが、「解散」です。 どういうことかといいますと、たとえば友人とカフェでお茶をしたとき。お会計を済ませ、店を出る。その後友人は店の東へ、自分は西へと向かうとしましょう。そういう場合、では...

  • 米アラバマ州は一部の学校で登校再開 ドライブスルー送迎にバーチャルイベントで感染対策

    帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記 AERA

     8月17日月曜日。アラバマ州北部では、例年より2週間遅れで新学期がスタートしました。いつもなら、子どもたちが期待と不安で小さい胸をいっぱいにしながら新しいクラスへ足を踏み入れる、特別な季節です。でも、今年は様子がまったく違いました。公立校は、今のところ9週間は完全バーチャル授業。私立校は完全バーチ...

  • アルファベットに決まった書き順はない! 教材や先生によって教え方がバラバラなアメリカ

    帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記 AERA

     アルファベットに決まった書き順はない!  って、知っている人にとってはなんてことない事実なのでしょうが、私には衝撃でした。それを知ったのはツイッター。アメリカ在住日本人の方々が、驚きと共にこんな投稿をシェアしていたのです。「アルファベットの大文字Mって、どうやら色んな書き順があるらしい!」と。日本...

  • 欲しいものは具体的にリクエスト!「いらないプレゼント」が減るアメリカ流の合理的出産祝い

    帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記 AERA

     誰しも一度は、「こりゃいらないわー」というがっかりプレゼントをもらったことがあると思うんですが、いかがでしょう。私にとってそれは、退職時に受け取った花束でした。かつて勤めていた会社には、退職者の最終勤務日に花束を贈る習慣がありました。下っ端社員の私はたまに職場を去る先輩方のために花束を手配していた...

  • 日本の子ども服に使われる英語は問題だらけ! 文法ミス、不自然構文、でももっと深刻なものは?

    帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記 AERA

     日本の友人から、おさがりのベビー服・子ども服をいただくことがあります。わたしの住んでいるアメリカでは見かけない、淡い色使いにシンプルな装飾。とてもかわいく、できることなら全部子どもに着せたいのですが、涙をのんでクローゼットにしまいこんでいる服もたくさんあります。着せたいのに着せられない理由、それは...

おすすめの記事おすすめの記事