(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス/1977年、宮城県出身。考古学者崩れのジャーナリスト。國學院大學大学院修了。出版社勤務を経て独立し、現在は世界各地で危険地帯や裏社会の取材を続ける。國學院大學学術資料センター共同研究員。著書に『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』(光文社新書)など。

  • 「コロナなんてもう忘れられている」 丸山ゴンザレスが現地の人に聞いた抗議デモの異常事態

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■ロックダウンから外出禁止令 アメリカで先月、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官に押さえつけられた後、そのまま亡くなった。これに抗議する集会が各地で...

  • コロナ禍のアメリカでは大麻が生活に欠かせない? 丸山ゴンザレスが解説

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■ステイホームで変わった「大麻のポジション」 コロナ禍で耳にするようになった言葉に「Essential Worker」(エッセンシャルワーカー)がある。我々の...

  • 「航空券は何倍にも高騰するのではないか」丸山ゴンザレスが指摘する懸念

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■航空会社破綻の余波 新型コロナウイルスが世界的に蔓延し、人の移動が制限されている。この影響であらゆる業界が打撃を受けている。 航空業界も例外ではない。5月1...

  • コロナ禍で学校放火も… 丸山ゴンザレスが衝撃を受けた事件

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■学校が襲われる!? 世界ではロックダウンが緩和されていく流れも出始めているが、アフリカではまさにこれから新型コロナウイルスの感染が拡大していくとみられている...

  • 丸山ゴンザレスが外出制限下での意外な楽しみ方を聞いてみた

    カオスな現場の取材メモ dot.

     世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。■割引セールをする店も アメリカでの外出制限下の意外な楽しみ方 緊急事態宣言が延長された。発令から二ヶ月目に突入していくわけだが、日本よりも先に宣言が出され、...

おすすめの記事おすすめの記事