(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • 田原総一朗「安倍首相が胸を張る緊急経済対策では不安ぬぐえず」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、緊急経済対策の目玉である現金給付について、条件の複雑さなどに苦言を呈する。*  *  * 4月7日に安倍晋三首相は、やっと緊急事態宣言を発出した。 3月中旬から、緊急事態宣言を出すべきだという声が強まり、4月1日には日本医師会が宣言の発出を強く要請したのに、安倍首相...

  • 田原総一朗「コロナ禍は“第3次大戦” 今、グローバリズム再考の時だ」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大とグローバリズムについて論じる。*  *  * 新型コロナウイルスの感染がすさまじい勢いで世界中に広がり、欧州の先進国、そして米国でも医療崩壊が起きている。このままでは、日本でも医療崩壊が起きる危険性が高い。 私は、第3次世界大戦...

  • 田原総一朗「森友疑惑での遺書公開。佐川氏の忖度こそ再調査すべき」

    ギロン堂 週刊朝日

     森友事件の公文書の改ざんに関わった財務省近畿財務局の職員・赤木俊夫氏の遺書全文が公開され、大きな波紋を呼んでいる。ジャーナリストの田原総一朗氏は、再調査の必要性を訴える。*  *  * 上司に強要されて、森友事件の公文書の改ざんを行い、2018年3月7日に自ら命を絶った、財務省近畿財務局の職員・赤...

  • 田原総一朗「3.11からの復興途中 理解できぬ政府の原発新設計画」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、東日本大震災の復興が続くなか、政府が決めた原発の新設計画に苦言を呈する。*  *  *。 3月11日、東日本大震災から9年がたった。 死者・行方不明者は、関連死を含めると2万2129人に及ぶ。そして、東京電力福島第一原発事故などによって、現在でも4万7737人が避難...

  • 田原総一朗「安倍首相の配慮なき独断に募る“やってる感”への疑念」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、新型コロナウイルス感染症対策に関する安倍首相や政府の姿勢について意見する。*  *  * 2月25日、安倍首相は新型コロナウイルス感染症対策として、企業や団体に時差出勤やテレワーク推進などを要請する基本方針を発表した。しかし、これはまったく具体性のない抽象案で、あち...

おすすめの記事おすすめの記事