(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン取締役。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

  • 東浩紀「9月入学案が盛り上がる背景には、ポストコロナへの焦りがある」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 小中高の始業・入学時期を変更する「9月入学」が話題になっている。 9月入学自体はかねてより議論されていた。それがここに来て注目されたのは、新型コロナの影響で休校が長引...

  • 東浩紀「第2波の到来で社会的パニックが拡大する危険がある」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * コロナ禍の緊張が緩みつつある。5月に入って各国がロックダウンの解除に動き始めた。日本でも緊急事態宣言の発令からひと月が経ち、感染者数の増加は明確に鈍化している。政府は...

  • 東浩紀「オンラインになれる人が、なれない人に押しつけるリスク」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * ポスト・コロナ社会をめぐる議論が始まりつつある。鍵となるのはオンライン化をめぐる新しい格差だろう。 この数カ月で人々の身体感覚は大きく変わってしまった。かつて集まるこ...

  • 東浩紀「緊急事態に人間を家畜のように監視する生権力が各国でまかり通っている」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 生権力(せいけんりょく)という言葉がある。フランスの哲学者フーコーの概念で、人間を家畜のように捉える権力を意味する。たとえば税制を変えれば出生率も変わるが、そのように...

  • 東浩紀「新型ウイルスは『五輪延期』にとどまらず現代社会の弱点を突いてくる」

    eyes 東浩紀 AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 東京五輪の1年程度の延期が決まった。この数週間五輪の行方は世界的な関心事だった。決定に安堵する声が多い。 しかし混乱の本番はこれからである。今回あらためて明らかになっ...

おすすめの記事おすすめの記事