(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 植草信和 大河ドラマ誕生55周年の秘話

植草信和

このエントリーをはてなブックマークに追加
植草信和

植草信和

植草信和(うえくさ・のぶかず)/1949年、千葉県市川市生まれ。キネマ旬報社に入社し、1991年に同誌編集長。退社後2006年、映画製作・配給会社「太秦株式会社」設立。現在は非常勤顧問。

  • 「独眼竜政宗」渡辺謙を見た瞬間、岩下志麻が感じたオーラとは?

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     昨年10月、仙台藩祖伊達政宗の生誕450年を記念する「伊達政宗 生誕450年記念」展が仙台市博物館で開催された。 政宗ゆかりの愛刀や書状などの関連文化財230件が展示された仙台市あげての一大イベントで、約2カ月間の期間中に4万3千人もの来館者を数えて政宗への関心の高さを知らしめた。 数多ある「戦国...

  • 「いのち」三田佳子が今だから明かす橋田壽賀子への電話

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     1984(昭和59)年、大河ドラマが「近現代史大河」に路線変換した理由を、推進者のひとりだった遠藤利男氏(当時放送総局副総局長)は次のように述べている。「これまでの大河ドラマで時代や素材をいろいろな角度で描いてきましたが、その切り口、アプローチの仕方がある到達点に来てしまいました。そこで近代を手が...

  • 「春の波涛」の中村雅俊が語る貞奴めぐる四角関係の面白さ

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     昨年4月3日、「西郷どん」に続く2019年の58作目大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の詳細が明らかにされた。 発表によれば、日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912(明治45)年のストックホルム大会から1964(昭和39)年の東京大会開催までの52年間の日本近現代史を、マラソンの...

  • 松本幸四郎 大原麗子、沢田研二らが集結した「山河燃ゆ」 多岐川裕美が明かす舞台裏

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

     時代劇から現代劇へと真逆に舵を切り替えた「山河燃ゆ」は、大河ドラマ史上最もスリリングな路線変更に挑んだ作品として知られている。前作「徳川家康」を最後に、いったん時代劇から離れて近現代史に移行した“近代シリーズ第一作”だからだ。 太平洋戦争前後の激動の時代を生き抜いた日系アメ...

  • 「徳川家康」主演の滝田栄が語る「ビックリ仰天の大抜擢」

    大河ドラマ誕生55周年の秘話 dot.

    “戦国三英傑”のひとり徳川家康は世界でも例を見ない260年余の争いなき時代の基を築いた武将だが、大衆的な人気の点では他のふたりの英傑織田信長と豊臣秀吉に及ばない。 考古学者の山岸良二氏は、「日本人は〈目的のためには手段を選ばず結果として目的を達成した〉家康に対して〈嫉妬心〉や〈単純に好きになれない複...

おすすめの記事おすすめの記事