(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

稲垣えみ子

稲垣えみ子

稲垣えみ子

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

  • 稲垣えみ子「家を売るために家を空にするミッションは、さながら生前葬」

    アフロ画報 AERA

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマーの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  * かくして全てが初体験の中、紆余曲折を経て虎の子の...

  • 稲垣えみ子「続・私が家を売った話 営業マンとの対話で価格設定に納得」

    アフロ画報 AERA

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマーの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  * お待たせしました! え、待ってない? まあいいや...

  • 稲垣えみ子「たとえ懲役対象でも、できることなら宅で死にたい そんな人生観はただの我が儘?」

    アフロ画報 AERA

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマーの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  * ようやく「家を売る」編を再開するつもりだったんだ...

  • 稲垣えみ子「人生いろいろあっても、最後は大きな自然の中へ帰っていく」

    アフロ画報 AERA

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマーの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  * 今年の正月は、父と姉と3人で母の墓参りへ。墓と言...

  • 稲垣えみ子「嫌いだった紅白歌合戦に涙。苦難の時こそ大切なものを見極める」

    アフロ画報 AERA

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人とのふれあい、思い出などをつづります。*  *  *実家での老父との二人正月で、良かったなと思ったの...

おすすめの記事おすすめの記事