コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山本佳奈

このエントリーをはてなブックマークに追加
山本佳奈

山本佳奈

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員、東京大学大学院医学系研究科博士課程在学中、ロート製薬健康推進アドバイザー。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

  • NEW

    異例の長梅雨はからだに悪影響が 頭痛、イライラ、気力低下…それって「気象病」かも? 

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「気象病」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 異例の長さとなっている今年の梅雨。気象庁によると、8月に入ると太...

  • 10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「緊急事態宣言や外出自粛がもたらした女性への影響」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*   *  * 新型コロナウイルス感染...

  • 子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「子宮頸がん」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  *「子宮頸がんの一歩手前だと言われました‥。」親しい友人か...

  • 女医も陥った“コロナ不調”を救ったヨガ 腰痛改善の研究結果も

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活の変化」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*   *  * 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣...

  • 米国8万人ががん診断の遅れも コロナ禍で健康に関わるこれだけの心配事

    ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師) dot.

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活への様々な影響」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*   *  * 新型コロナウイルスの感染...

おすすめの記事おすすめの記事