コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「『緊張感なき政治』という安倍内閣の負の遺産」

    ギロン堂 週刊朝日

     9安倍政権を継承する菅政権が誕生した。ジャーナリストの田原総一朗氏は、菅義偉首相が解決すべき難問として安倍内閣の負の遺産を書き示した。*  *  * 9月14日の自民党総裁選で、菅義偉官房長官が総裁に選ばれた。 この原稿を書いている時点では、二階俊博幹事長、森山裕国対委員長、佐藤勉総務会長、下村博...

  • 田原総一朗「菅新首相に突きつけられる日本の二つの深刻な問題」

    ギロン堂 週刊朝日

     自民党総裁に選ばれた菅義偉氏。ジャーナリストの田原総一朗氏は、菅政権を待ち受けるのは経済と安全保障という二つの課題だと指摘する。*  *  * 9月14日に、石破茂氏、菅義偉氏、岸田文雄氏の3者が立候補して、自民党総裁選が行われ、この原稿が書店で披露される日には、菅氏の当選が決まっているだろう。し...

  • 田原総一朗「安倍首相の一番のレガシーは何なのか」

    ギロン堂 週刊朝日

     辞任を表明したが、史上最長の政権を担った安倍晋三首相。その功罪について、ジャーナリストの田原総一朗氏が考察した。安倍首相のレガシーは何なのか。*  *  * 実は8月27日に菅義偉官房長官と二階俊博幹事長に会って話した。2人とも「安倍総理は続投だ」と言い、続投ならばということで、安倍首相がやるべき...

  • 田原総一朗「トランプが米大統領選でバイデンに肉薄する理由とは」

    ギロン堂 週刊朝日

     このところ、「失政」続きのトランプ氏。ところが11月に行われる米国大統領選挙に関する調査では、民主党候補のバイデン氏に肉薄している。その理由を、ジャーナリストの田原総一朗氏が米事情通の話をもとに解説する。*  *  * 今、世界中が最も注目しているのは11月に行われる米大統領選挙である。トランプ大...

  • 田原総一朗「伝説の経営者から学ぶコロナ禍でも重要な思考とは」

    ギロン堂 週刊朝日

     新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、多くの企業が業績の悪化に苦しんでいる。ジャーナリストの田原総一朗氏は、コロナ禍の今、伝えたい経営者の言葉をいくつか紹介する。田原氏はこれまで500人以上の経営者を取材してきたという。*  *  * 私は、この50年間に500人以上の経営者を取材してきた。もちろ...

おすすめの記事おすすめの記事