田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「トランプのソレイマニ殺害は『愚策』 安倍首相どう動く」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、イラン革命防衛隊の司令官殺害について、トランプ大統領の意図を解説する。*  *  * 2020年、世界中が注目している最も重要な政治イベントが、11月に行われる米国の大統領選挙である。 この大統領選挙で、トランプ大統領が再選されるか否かで、世界のあり方が大きく変わる...

  • 田原総一朗「米中間で揺れる安倍首相 習近平訪日『国賓待遇』の是非」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍シンパの論客が反対の姿勢を示す習近平国家主席訪日の「国賓待遇」問題について持論を展開する。*  *  * 2020年春に予定されている、中国・習近平国家主席の「国賓としての訪日」が熱い話題になっている。 というよりも、反対論が続出しているのである。 米国に詳しい...

  • 田原総一朗「120歳まで死ねない時代 企業の体質改善は正念場」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日本企業の問題点を指摘する。*  *  * iPS細胞の開発でノーベル賞を受賞した京大の山中伸弥教授がかつて、「ゲノム編集による再生医療によって、今後10年くらいで、ほとんどの病気が克服されるようになる」と語った。そして、「日本人の平均寿命が120歳くらいになるので...

  • 田原総一朗「『桜を見る会』シュレッダー疑惑 納得する国民はいない」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、いま一度「桜を見る会」とその後の政府の対応について、問題点を指摘する。*  *  * 何度も記すが、いま問題になっている、首相が主催する「桜を見る会」についてである。私は、安倍自民党の議員たちの神経が緩みきったために起きた事件だと考えている。 実は、2017年の森友...

  • 田原総一朗「文政権追い詰めたのは日本。韓国への提言で関係修復を」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日韓関係について今後の関係修復を提言する。*  *  * 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効6時間前に「終了延長」を発表した。 これによって、日米韓の「軍事同盟」の象徴は、ギリギリのタイミングで当面は維持されることになった。 韓国がGSOM...

おすすめの記事おすすめの記事