小倉エージ〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小倉エージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

  • NEW

    “人類最後の音楽” ドレスコーズ2年ぶりニュー・アルバム

    知新音故 週刊朝日

     志磨遼平のソロ・プロジェクト、ドレスコーズの2年ぶりのニュー・アルバム『ジャズ』が興味深い。敬愛するデヴィッド・ボウイやトーキング・ヘッズからインスピレーションを得たファンク・スタイルを主体にした前作『平凡』とは、うって変わった音楽展開による。 ロマ音楽を基調に、昨年1月から、神奈川芸術劇場で音楽...

  • スガシカオ、3年ぶりニュー・アルバムに心躍る!

    知新音故 週刊朝日

     スガシカオの3年ぶりのニュー・アルバム『労働なんかしないで 光合成だけで生きたい』に思わずニンマリだ。人を食ったタイトルもさることながら、アルバムの幕開けを飾るエレクトロ・ファンク風の表題曲はじめ、ヘヴィーでルーズなスタイル、ディスコ風などスガが本領を発揮したファンク・ナンバーに心が躍る。ダークで...

  • かつてと異なる斬新グルーヴ感! THE YELLOW MONKEY、19年ぶり ニュー・アルバム

    知新音故 週刊朝日

     THE YELLOW MONKEYの19年ぶりのニュー・アルバム『9999』が話題を呼んでいる。骨太でざっくりとしたギター・ロック主体のバンド・サウンドは、開放感に満ちていて豪快だ。随所で60年代や70年代のロック・グループへのオマージュを織り込んではいても、かつてとは異なる斬新なグルーヴ感がある...

  • これまでなかったノラに出会える曲ばかり ノラ・ジョーンズ、2年半ぶり新作

    知新音故 週刊朝日

     ノラ・ジョーンズが2年半ぶり新作『ビギン・アゲイン』を発表した。前作『デイ・ブレイクス』はピアノの弾き語りによるジャズ、カントリー・テイストの曲が主体で、デビュー初期のスタイルに戻ったとして話題となり、日本を含めたワールド・ツアーを実施。 ロンドンのジャズ・クラブ、ロニー・スコッツでのアコースティ...

  • 孤高のヴァン・モリソン、名盤デラックス・エディション発売!

    知新音故 週刊朝日

     孤高のシンガー・ソングライターとして語られるヴァン・モリソン。今年、8月で74歳になるが、この2年の間に4枚の新作を発表。ライヴ活動も積極的に行うなど実に精力的だ。 そんな彼が1997年に発表し、名盤として語られてきた『ヒーリング・ゲーム』のデラックス・エディションがようやく発表された。2017年...