Nissim Otmazgin〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Nissim Otmazgin

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • NEW

    イスラエルの田中角栄 1年で3回の総選挙!

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルでは3回目の総選挙が3月2日に行われました。この1年で3回目です! その理由は、有権者が現在二つの陣営に分かれて対立しているからです。一方はべンヤミン・ネタニヤフ現首相が率いる右派・宗教連合、もう一方は元軍参謀総長ベニー・ガンツ氏が率いる中道左派連合です。しかし双方が議会で過半数の連立を...

  • イスラエルではクルマの洗車は「反社会的」

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルの人々の気分に最も影響を与えることの1つは、ガリラヤ湖の水位です。ヘブライ語で「キネレット」と呼ばれるガリラヤ湖は、イスラエル最大の天然水源であり、国の存在にとって必要不可欠な資源と考えられています。琵琶湖ほぼ同じ大きさで、イスラエルのみならず、パレスチナやヨルダンの村々に飲料水と農業用...

  • 外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     日本での留学中に見ていたテレビ番組で最も印象に残っているのは料理番組です。料理や食に関する番組の多さと、日本人の食への関心の深さに魅了されました。旅行会社のパンフレットには国内旅行、海外旅行用共に多くの現地料理の写真が宣伝用に使われています。 アジアの他の国を旅した際、現地で「料理の鉄人」「裸の少...

  • 日本人が海外渡航を恐れる理由とは?

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     2005年1月、インドネシア、スリランカ、タイなどの地域を襲ったスマトラ島沖地震で発生したインド洋津波の2週間後、私はイスラエルから日本に行く予定でした。そのとき、私の叔母は危ないから行くなと言いました。 彼女は「今日本に行くのはあまりに危険です! 日本は水没しているでしょう!」と言います。私が、...

  • イスラエルのサッカーは政治的

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     私は子供の頃からサッカーをしていました。京大での学生時代は学生サッカー部に夢中でした。3年間、キャプテンも務めたほどで、社会人リーグの試合にも出たことがあります。サッカーそのものも楽しかったですが、サッカーを通じてチームワークの大切さや、先輩-後輩関係など、日本社会について多くを学べた事は大きかっ...

おすすめの記事おすすめの記事