古賀茂明〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など

  • NEW

    古賀茂明「関電裏金発覚後でも、金品をもらう余地を残そうとする大手電力」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     思わず目を疑った。──北陸電、歳暮受け取り禁止 関電問題受け 東北電は届け出制── 11月1日の日経新聞記事の見出しだ。 電力会社は、長い間地域独占を認められ、何も努力せずに利益が保証されてきた。消費者は、どんな価格でも電力を買わざるを得ないという弱い立場にある。だから、経済産業省が、その価格=電...

  • 古賀茂明「安倍政権の働き方改革に騙されるな」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     中小企業で働く私の知人(Aさん)は、これまで毎日のように1時間強の残業をしていた。入社したときから続けていたので、特に疑問も持たずに過ごしてきたが、昨年、「働き方改革」という言葉と残業規制強化の話をテレビで見て、「私がいつもしているのは『残業』で、お金を払ってもらうべきなんだ」と初めて気づいた。そ...

  • 古賀茂明「トランプの軍門に下ったトヨタの未来」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     10月28日のニューヨーク・タイムズにとても残念な記事が出ていた。 日本が誇る自動車メーカー「トヨタ」が、米GMなどとともにトランプ大統領の側に立って、カリフォルニア州が進める自動車の環境規制に事実上反旗を翻したというニュースだ。 日本の自動車メーカーといえば、排ガス削減や燃費低減で世界をリードし...

  • 古賀茂明「日本の英語力はベトナムより下という惨状」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     日本人の英語力の低さはかなり前から問題視されてきた。日本の国際競争力の向上を妨げる要因としても頻繁に話題に上る。 最近も気になる報道(日本経済新聞)があった。 日本の法令で英訳されているのは全体のわずか1割で、最近の法令でも英訳公開まで平均3年以上かかっているという。このペースでは、すべての法律の...

  • 古賀茂明「年金生活者が負い目を感じる社会が来る」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     高齢者はもちろん若者の間でも老後不安が高まっている。難しいことはわからなくても庶民はみんな薄々感じている。年金制度は持続不可能だ……と。 一方、「70歳まで働ける仕組みを作ります」「年金受給開始年齢を70歳超とする選択肢も設けます」「年金の繰り下げ受給で受給額は大きく増...

おすすめの記事おすすめの記事