(8ページ目)古賀茂明〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

古賀茂明

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀茂明

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)/古賀茂明政策ラボ代表、「改革はするが戦争はしない」フォーラム4提唱者。1955年、長崎県生まれ。東大法学部卒。元経済産業省の改革派官僚。産業再生機構執行役員、内閣審議官などを経て2011年退官。主著『日本中枢の崩壊』(講談社文庫)など

  • 古賀茂明「安倍政権の3つの愚策が中小企業を襲う」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     元経済産業省の改革派官僚・古賀茂明さんの連載「政官財の罪と罰」。今回のテーマは「中小企業を襲う安倍政権の愚策」。*  *  * 4月24日の衆議院経済産業委員会の参考人質疑に呼ばれた。「中小企業強靭化法案」の審議のためだ。この法案の柱の一つは、中小企業が「BCP」と呼ばれる事業継続のための計画を予...

  • 古賀茂明「社外取締役に官僚OBはやめたほうがいい」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     元経済産業省官僚の古賀茂明氏は、官僚たちの民間企業への天下りについて苦言を呈する。*  *  * 企業のガバナンス論が盛んだ。このところ、一流上場企業の信じられないような不祥事が連日報じられ、そのたびに企業のガバナンス強化が必要だという話になる。そして、ガバナンス強化のための特効薬として期待される...

  • 古賀茂明「安倍総理に言いたい。『天皇陛下の政治利用は止めてくれ!』」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

      新元号決定で安倍政権の支持率が上がったそうだが、そもそも、新元号決定は安倍晋三総理が誇るべき業績なのだろうか? 4月1日、菅義偉官房長官が、緊張した面持ちで新元号「令和」を発表した。それから今日まで、テレビや新聞・ネットなどでは、「令和」フィーバーが続いている。誰でもお祭り騒ぎに水を差すのは気が...

  • 古賀茂明「塚田国交副大臣の“忖度”更迭でわかった昭和の利権政治の復活」

    政官財の罪と罰 週刊朝日

     塚田一郎国土交通副大臣が4月5日、辞任した。本州と九州を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)の事業化調査をめぐる「忖度」発言の責任をとったものだ。 道路行政を所管する国交副大臣が、安倍晋三総理と麻生太郎副総理の地元事業だから「国直轄の調査に引き上げた。私が忖度した」と発言してしまった。それだけ...

  • 古賀茂明「安倍総理がダメにした日本の悲惨な未来をジム・ロジャーズが警告」

    政官財の罪と罰 dot.

     このコラム記事が配信されるのが4月1日午前7時。同日昼前には、新しい元号がわかる。 発表当日はエープリル・フールの日だ。1日は新元号にまつわる様々なフェイクニュースがネット上に氾濫するかもしれない。 新元号「安晋(あんしん)」。という冗談は既に使い古されたのかもしれないが、どんな気の利いた話が出て...

おすすめの記事おすすめの記事