(6ページ目)大塚篤司〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員、2017年京都大学医学部特定准教授を経て2021年より近畿大学医学部皮膚科学教室主任教授。皮膚科専門医。アレルギー専門医。がん治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、コラムニストとして医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

  • 早期承認を求めてはいけない新型コロナ治療薬 医師が経験した心苦しい教訓とは?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     新型コロナウイルス感染症の治療薬として注目される「レムデシビル」と「アビガン」。新薬が患者さんに使えるようになるには、臨床試験をおこない、承認を受けなければなりません。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、自身が経験した新薬の臨床試験から、新型コロナウイルス感染症治療薬について解説します。*&...

  • 「新型コロナの中、予定どおり通院すべき?」 アトピー、皮膚がん患者の質問に医師の答えは

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     新型コロナウイルスの感染が広まるなか、もともと持病があって通院していた患者が「予定どおり、通院していいのだろうか?」と、疑問を感じているようです。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、皮膚疾患の通院の目安を解説します。*   *  * 新型コロナウイルス感染症が拡大し、日本...

  • 新型コロナ患者に皮膚症状の報告も! 最新論文を医師が分析

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     新型コロナウイルスの感染が世界中に広まるなか、患者のデータを報告する論文が世界各国から出てきています。論文によると、一部の患者に発疹が出ることがわかってきたといいます。京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が解説します。*   *  * 新型コロナウイルス感染症が日本でも猛威を...

  • 高級品と日用品の違いを見分ける「一流」のように、医療情報の質も見極められる?

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     芸能人が、本物と偽物、あるいは高級品と日用品の違いを見分けるテレビ番組では、その人が目利きかどうかで「一流」「二流」……と格付けします。京都大学医学部特定准教授の大塚篤司医師は、普段目にする医療情報についても、目利きであることの重要性を訴えます。*   *  ...

  • 「親の命と仕事、どちらが大切なんですか?」 医師の心ない言葉に患者は…

    現役皮膚科医がつづる “患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと” dot.

     病院で医師から治療の説明を受け、患者がわからないことを質問すると、明確な回答が返ってこない場面があります。医療には不確かな部分も多いため、医師が答えにくいこともありますが、だからこそ、医師と患者とのコミュニケーションが重要となります。『心にしみる皮膚の話』の著者で、京都大学医学部特定准教授の大塚篤...

おすすめの記事おすすめの記事