(6ページ目)姜尚中〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • 姜尚中「『一国二制度』の要求が沖縄から出てくる可能性はある」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 史上最多得票で当選した玉城デニー沖縄県知事。県政が始動し、「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」の審議が始まりました。 玉城氏が大勝した背景に...

  • 姜尚中、南北首脳会談で画期的だった「国防相が署名した合意書」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * ニューヨークで開催された国連総会に合わせて韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談した米国のトランプ大統領は、2回目となる米朝首脳会談を「そう遠くない将来に実現す...

  • 姜尚中、米朝関係は「トランプ大統領の決断がブレークスルーに」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 歴史的な米朝首脳会談から3カ月。「非核化が先か」「朝鮮戦争の終結が先か」で米朝関係は足踏みし、首脳間の合意の履行については悲観的な見通しが台頭しています。さらには...

  • 姜尚中「日本にとってもトルコ情勢は対岸の火事ではない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * トルコと米国との関係が抜き差しならない状況に陥っています。それによってトルコの通貨リラが急落しました。 一方でトルコは、イランと蜜月関係を築いています。そもそもイ...

  • 姜尚中、東アジア情勢「8月末から9月は第2のエポックメイキングが起きる可能性も」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 米朝首脳会談以降、非核化に向けた歩みは遅く、北朝鮮は米国から思ったほどの譲歩を引き出せずにいます。一向に進まぬ米朝関係を「膠着状態」と言う人もいるかもしれません。...

おすすめの記事おすすめの記事