(4ページ目)今尾恵介〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今尾恵介

このエントリーをはてなブックマークに追加
今尾恵介

今尾恵介

今尾恵介(いまお・けいすけ)/1959年神奈川県生まれ。地図研究家。明治大学文学部中退。中学生の頃から国土地理院発行の地形図や時刻表を眺めるのが趣味だった。音楽出版社勤務を経て、1991年にフリーランサーとして独立。音楽出版社勤務を経て、1991年より執筆業を開始。地図や地形図の著作を主に手がけるほか、地名や鉄道にも造詣が深い。主な著書に、『地図で読む戦争の時代』『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み』(白水社)、『鉄道でゆく凸凹地形の旅』(朝日新書)など多数。現在(一財)日本地図センター客員研究員、(一財)地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査

  • 珍名踏切マニアがいく! 謎の「茶碗焼・壺焼・瓦焼」踏切

    珍名踏切が好き! dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「壺焼・茶碗焼・瓦焼」踏切を紹介します。*  *  * 九州新幹線が開通した時に、八代(やつしろ)駅から南、川内(せんだい)駅までの116.9キロ(博多~鹿児島間の3分の1強の距離...

  • 珍名踏切マニアが行く! 馬鹿曲のクルクルパーって!?

    珍名踏切が好き! dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「馬鹿曲」踏切を紹介します。*  *  * 三重県の伊勢山中にカーブした単線。旧街道が横切る小さな踏切にいい具合に列車が近づいてくる。紀勢本線のこのあたりは非電化だから撮影の邪魔に...

  • 珍名踏切マニアが行く! 駅名からして異例の「稲田堤」の謎

    珍名踏切が好き! dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「稲田堤」周辺の踏切を紹介します。*  *  * JR南武線に稲田堤という駅がある。所在地は川崎市多摩区菅(すげ)稲田堤一丁目1-1で、駅前には交通量のかなり多い踏切がある。この通...

  • 珍名踏切マニアが紹介 「勝負」踏切はいかに勝負しているのか?

    珍名踏切が好き! dot.

     踏切の名称に惹かれて何十年の、いわば「踏切名称マニア」である今尾恵介さんが、全国の珍名踏切を案内してくれる連載。今回は「勝負」踏切を紹介します。*  *  * 踏切には名前がある。開かずの間をイライラ過ごすのではなく、健気に点滅する警報機のお腹のあたりに目を向けてほしい。そこには名前を記した札が掛...

おすすめの記事おすすめの記事