(4ページ目)浜矩子〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浜矩子

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜矩子

浜矩子

浜矩子(はま・のりこ)/1952年東京都生まれ。一橋大学経済学部卒業。前職は三菱総合研究所主席研究員。1990年から98年まで同社初代英国駐在員事務所長としてロンドン勤務。現在は同志社大学大学院教授で、経済動向に関するコメンテイターとして内外メディアに執筆や出演

  • 浜矩子「公僕でなければ、日本の官僚たちは一体何僕なのだろう」

    eyes 浜矩子 AERA

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 日本の統計は細かくて網羅的で精緻だ。筆者はずっとそう信じてきた。商売柄、実際に他の国々や国際機関の統計を多々扱ってきた。だから、日本の統計が細かく...

  • 浜矩子 各国で起こる“麻痺”「この麻痺状態を解凍するのが革命」

    eyes 浜矩子 AERA

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 麻痺。2019年は、この言葉がよく似合う幕開けとなった。 アメリカでは、メキシコとの間の壁の建設費問題で、トランプ大統領と議会下院で多数を占める民...

  • 浜矩子「トランポリンに放り上げられてきた株価には実力がない」

    eyes 浜矩子 AERA

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 株価が下がる。どんどん下がる。アメリカで。日本で。ヨーロッパで。この状況を目の当たりにしながら、本稿の執筆に着手した。今後、どういう成り行きになる...

  • 浜矩子、英の現状に「『我を忘れる』とはこのことだと思う」

    eyes 浜矩子 AERA

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * イギリスがブレグジット、すなわちEU離脱を巡っててんやわんや状態になっている。EU側とはひとまず何とか離脱交渉がまとまり、膨大な合意文書が出来上が...

  • 浜矩子「法案の国会通過を急ぐ政府・与党にギラギラ感を感じる」

    eyes 浜矩子 AERA

     経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。*  *  * 外国人労働者の受け入れ拡大のための出入国管理法改正案が、参議院で審議入りしている。12月10日までの国会会期内の成立を目指す。それが政府・与党のも...