(2ページ目)室井佑月〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

室井佑月

このエントリーをはてなブックマークに追加
室井佑月

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

  • 室井佑月「心底、呆れた」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家・室井佑月氏は、米国によるイランの司令官殺害と安倍晋三首相の動きについて論じる。*  *  * 呆(あき)れた。心底、呆れた。 1月4日、安倍首相は千葉県袖ケ浦市のゴルフ場で、妻・昭恵氏の弟・松崎勲氏らとのプレーの合間にメディアの取材を受け、記者団に、「おかげさまでゆっくりできました」と語った...

  • 室井佑月「2020年こそ」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家・室井佑月氏は、2019年末に報じられたジャーナリスト・伊藤詩織さんの民事訴訟勝訴などをテーマに今年の安倍政権に注文を出す。*  *  * あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 といってもこのコラムを書いているのは、2019年の12月18日。新年1発目のコラムくらい明る...

  • 室井佑月「安倍さんという方は」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家・室井佑月氏は、安倍首相の「桜を見る会」問題をめぐる対応、憲法改正の決意について苦言を呈する。*  *  * 安倍首相は12月13日、東京都内で開かれた講演で、「桜を見る会」から出てきた疑惑などについて、「国会では政策論争以外の話に多くの審議時間が割かれている。国民のみなさまに申し訳なく思う」...

  • 室井佑月「騙されないように」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家の室井佑月氏は、安倍政権の「嫌らしさ」を指摘する。*  *  * 野党5党派(日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社会保障を立て直す国民会議、社会民主党)は12月9日、閉会となる国会の会期を、40日間延長するよう大島理森・衆議院議長に申し入れた(与党は応じず、国会は閉幕)。 だって、安倍首相は...

  • 室井佑月「酷い裏切り」

    しがみつく女 週刊朝日

     作家の室井佑月氏は、「桜を見る会」問題について「マジでいかれてる」とあきれる。*  *  * まず、毎日新聞社を讃(たた)えたい。11月20日夜に中華料理屋で開かれた安倍首相と官邸キャップの食事会「キャップ懇」、毎日新聞社だけが呼ばれてもいかなかったという。 当たり前だろう。なにしろ、安倍首相は「...

おすすめの記事おすすめの記事